霜月


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

曲はまだありません。(歌詞が気に入ったら、ぜひ作曲して元スレに書き込んでください)

備考

作曲予約中?
249 :ドレミファ名無シド:2008/11/19(水) 23:56:50 ID:pnDaGnIJ
>>243 
これもらうね 

歌詞

243 :ポイ ◆AWq6iS3jc2 :2008/11/19(水) 18:18:19 ID:kr+pRRLo
『霜月』
息が白くなる マフラーに顔を埋め
背を曲げる街灯の下 
歩幅を縮め歩いた

※雪よりも重く降り積もった
逢いたい気持ち 不安と寂しさ
どうにもならない 君への思い
今日の記念日 
君はもう忘れてしまったのかな

踏切の向こう 歩道橋の上で僕は
たった数メートルだけ
空に近づいてみた

君を思えば思うほど悲しく
存在を忘れると 独りの世界
堪えきれない 涙をぬぐい
待ち続ける
気持ちが揺らがないように
※リピート

コメントフォーム

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。