寒い夜の歌


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

曲はまだありません。(歌詞が気に入ったら、ぜひ作曲して最新スレに書き込んでください)

歌詞

402 :ドレミファ名無シド:2008/11/26(水) 19:46:55 ID:V+l3d7wh
「寒い夜の歌」

突然気まずい あなたの背中
うつむく心 勇気しぼれない
冷たいベッド 軋む午前2時
こぼれた涙 夜の底へと

祈るようにつぶやいた 孤独な迷い子(まよいご)のように
窓をゆらす風の音 真実を隠していく

そして 言葉は尽きていくのでしょう
やがて 痛みが染みこんでくるでしょう
きっと 扉の向こう靴音は
通りすぎていく


鏡にうつる 憂鬱な視線
深いため息 別れを誘う
優しい日々の 記憶の岸辺
遊ぶフリして 目をふせた

祈るように羽ばたくよ 飛べない天使のように
闇を照らす光の輪 真実を呼び戻す

そして 私は走り出すのでしょう
やがて 痛みに涙するのでしょう
きっと 最後は悲しい言い訳が
通りすぎていく

コメントフォーム

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。