※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前原圭一(無敵アイアン)

祟殺し編のみ登場したバット代わりのお父さんのゴルフクラブ。 球体の物を当てたら爆弾になるという最凶のアイアン…というのはひデブ専用。 戦法は近〜中遠距離で戦える上、CS&FCSは相手を一発でダウンできる優秀な妨害攻撃も可能。 ただし、その分…バットとは違い、長さが少し短い為、格闘の範囲はバットより狭く(充分広い)連携はCSがダウン値5の為、けっこう苦手。 バット 「相手に何度も攻撃する連携型」 なら アイアン 「相手の攻撃動作を止める妨害型」 と正反対の働きをするバットのライバルキャラである。

技表(ダメージはレナ(鉈)に対する威力です)

威力(%) ダウン値 備考
NS 17.5 2 地上では硬直をジャンプキャンセルできない
CS 25 5 当たるときりもみで吹っ飛ぶ
FCS 27.5 5 上空にボールを打ち上げ、誘導してぶつける奇襲技
N格闘 15/15/20 1/1/1 一段目の攻撃速度上昇。発生早、格闘はバットより範囲狭い
前格闘 17.5 2 真上に浮かなくなった。発生遅
横格闘 17.5 2 クラブをバット振り。発生やや遅、他の武器より威力低め
ダッシュ格闘 17.5 1 突っつき。発生早
ステップ格闘 22.5 2 クラブを持ってぶん回す。発生遅。判定強
空中格闘 17.5 1 上からの叩きつけ。発生やや遅
AD格闘 20 2 ライダーキック。当たっても反転しない
着地格闘 15/17.5 1/1 ショルダータックル→吹き飛ばし
EX 25 5

本体性能

HP 歩き速度 スライド性能 ダッシュ速度 ダッシュ持続 ダッシュ旋回性能
やや低い(約95%) 早い 並(約1.8秒)
ジャンプ上昇速度 ジャンプ上昇持続 AD速度 AD持続 AD旋回性能 主な特殊能力
並(約1.5秒) やや早い やや長い(約1.7秒) 爆発攻撃(CS&FCS)

技解説

NS(リロード:6秒/1発 フルリロード:18秒/6発)

名称:「アイアンスロー」 横に回転して飛んでいくゴルフクラブを投げる。 空NSは牽制として良いので使っていこう。 弾速はそこそこで、銃口補正高め。またかなりの誘導が付いている。   地上での硬直はジャンプキャンセルできない。地上での牽制や、ズンダにリスクがある。地上で撃つ場合はステップN射を中心にする。またバットと同様に右側からの射撃なので、ステップの方向は反時計回り(左)に。   バットと比べると銃口補正が高い。横への判定もいくらかあるため密着で当てる事が可能だ。空対空で近寄って当てられる。特に逃げようと焦って後ろにまっすぐADをする相手はカモだ。   上方向にけっこう強い。霊CSや定規FCSなど空中で静止する射撃に対して強い。「鉄は上とんでりゃ楽」と安易に高飛びしようとする敵を叩き落とすころもできる。AD中の敵にNSをぶつけ叩き落とし、そこからコンボをしっかり決めることで、火力不足を解消できる。   誘導は地味に役に立つ。ここは安全距離だと思って牽制射撃を出した敵の硬直をとってくれたりする。遠いところで敵と味方がタイマンで睨み合っている時、追いつけそうにないならNSを出してみるのもアリ。ヒットしてカットになったり、味方がそのまま追撃を入れてくれるかもしれない。

CS(リロード:9秒/1発 フルリロード:9秒/3発)

名称:「アイアンキャノン」 当たると吹き飛ぶダウン値5のゴルフボールを射出。中々良いフォームでボールを飛ばす。 高性能な誘導が付く上に速度があり、着弾時に発生する衝撃が大きい事もあって当てやすい。しかし欠点も大きい。発射にかなりの時間がかかる上に、しっかりと狙いをつけてくれるわけではない。そして硬直が大きい。   メインは空中版で、敵の地上の硬直が取りやすい。ただし空中で打っても隙は大きいので、撃つ時は気をつけよう。CSの爆風はよく味方を巻き添えにするので注意する。垂れ流すだけだと一瞬で弾は切れてしまう。FCSを混ぜつつ残弾調整をしっかりしていこう。当てた後、もう一方の敵を方追いできる事がある。ある程度方追いを成功できないとダメージレースで負けてしまうだろう。   弾は放物線を描いて飛んでいき距離が遠いほど弾道が上がっていく。至近距離で打つとほとんど地上スレスレを走る。放物線を描く=ある程度距離を飛ぶと上に行くという事なので、こちらに背中を見せて空を遠ざかっていく敵に対してはそこそこ当たりやすい。放物線を描くので、遠いところでは弾が上から下に落ちていく。飛び際や降下中の敵に当たる事もある。   よそ見している敵に対して当てやすい。とりわけ相方と睨み合っている敵がいたら中距離からでも当てていけるので、焦らずに様子を見て撃とう。空格で滞空時間をやや延長すると相手を先に着地させられる事がある。またダウンしている敵に対しても当てやすい。ダウンした敵を見かけたらCSを入れておくといい。   敵の上空を取った状態からCSを当てる、いわゆるオギは強力。高空から近づくと安全なので、そこから空格やAD格で良い位置を取ってCSCでぶつけていく。AD格で相手をまたぎながら打つことにより相手の視界を混乱させながら当てることが出来る。慣れないと低空で着地不発しやすいので注意。しかしAD格の後の行動はCSCかそのまま着地かに決まっているため、慣れている相手ならAD格を見てからガードなり回避行動をしてしまう。相手の上空を取っている間に相方が射撃をしてくれると攻撃を成功させやすい。相手の上空のやや高めを飛んでいる時は空格を出してもよい。敵に向かって誘導するのでほぼ真上をとった状態のまま滞空することになる。その後にCSを出すとX,Y軸が重なった状態でも当たる事がある。ただ、基本的にある程度は高度を落とさないと当たらないので、敵の射撃の迎撃範囲に入ってしまいがちなことに留意。よく考えて欲しいのだが、オギCSを仕掛けている場合、空中に居る自分は一発攻撃を食らっただけでダウンして追撃をもらう事になるのに対して、アイアン側はオギCSが成功しても25%しか稼げない。不意を突いたり、または味方の援護が望める時に使うべきと言える。   地上にいる味方に当てることができる。これで味方にとどめを刺すと、こちらの風船の膨らみを抑えられる。静止している相方の近く(バックステップ1〜2回)で低空から出せば当てやすい。削れる量は僅かなので、相方の理解がないととどめに持ってくるのは難しいだろう。しかし味方が死体になってから、死体にCSを当てる事で敵の風船稼ぎをストップさせる事もできる。上手く敵の4キルを潰そう。

FCS(チャージ時間3.6秒)

技名:「トマホークバックスピンスーパーフォール」 掛け声「 トマホークバックスピン! 」→シュゴオォオという音→着弾。当たると相手はきりもみで吹っ飛ぶ。撃ってから弾が落下するまでの時間はやや短い。弾は構え時のターゲットのXY座標に向かって放物線を描き飛んでいく。その後、上空で発射時のターゲットを捕捉し、高速でターゲットに突撃する。二回捕捉し、その際のターゲットがずれるので、狙いたい相手に警告なしで発射可能。ロック変更は、弾をうつ直前くらいに行うとよい。また、発射と着弾のズレがあるため、捕捉→発射→警告マークの順ではなく、発射→警告マーク→捕捉となる。更に、補足時に上空にターゲットがいる場合はシュゴオォオという効果音中でも上に上がる、ゴルフの技?!と疑いたくなるような補足さえも持つほどのゴルフのCSより誘導が高い。そのため、地上でステップした程度では避けられない。校舎裏に隠れている敵も攻撃可能。画面外に出ることも多く、はじめの上昇時に画面外の壁等にぶつかると消滅する。その場合、シュゴオォオという音がしないので分かる。なお、かなりの低空でうつと着地不発する。声だけは出るので、富竹のフラッシュ同等相手の行動を制限させられる。   硬直がでかいので、それをフォローすることを一番に考えて撃とう。   狙う余裕があるなら、味方と敵が交戦に突入するであろうタイミングを先に読み、あらかじめ出しておくとよい。自動的に硬直を取ってくれる。撃つと固定セリフを発するので、敵がFCSを回避するために焦ってスタミナを消耗する様子なら、着地をいただいてしまおう。   風船調整時、最初のにらみ合いの時に積極的に使っていこう。CSの弾数消費減少にもつながるのでかなり重要。   あまり出番はないが、敵に密着した状態で出すと直撃させられる。敵を壁際に追い込んだときにはN格などからつながる。また、広い場所でも前格から最速でキャンセルして出すとぎりぎりでつながる(要練習)。間違えて敵近距離でためてしまった場合は、N格>前格>FCSCを決めるとすっきり爽やか……かもしれない。

N格闘

名称:「無敵アイアン」 振り下ろし→薙ぎ払い→前転して振り下ろし。動作はバットと一緒。 結構コンボの時間も長くコンボ中の移動も少ないのでカットに注意。 バージョンアップによる強化その2。振り下ろしが凄まじい速さになり、地対地の硬直取りに一番。 ただ、踏み込みがそれほどないので、バクステの誘いに乗ると空振りしてしまう。 また、バージョンアップの変更により、一段目の空振り後、相手を捕捉しないので注意。   NNNCSで41.25%持っていくお手軽コンボ。カットに注意しつつ狙っていくべき。ちなみに、NCS→32.5%・NNCS→37.5%。N射撃で落とした後はN3段が安定かもしれない。

前格闘

間を置いてから接近してのボディブロー。 N格の後はこれ一択だろう。 その後にAD格がつながる。あるいは前格ヒット後に即ADで遠ざかりつつCSやNSが入る。   他の武器より前格→EXは当たりやすいようです。(ダッシュEX)

横格闘

クラブを持ってバット振り。発生はやや遅い。 判定だけは強く、威力はバットと違い前格闘と同じ。 ステップ格闘のほうが使いやすいが、N格→横格と繋げれるため、相手をCSを使わずダウンさせたいときに使用しよう。(なお、入力が遅いと、間に合わない為、要注意。 中級者は近距離で格闘する時は、横ステップ格闘で回り込んで格闘をするので、N格→横格だとN格3段とは違い、迎撃できる。

ダッシュ格闘

突っつき。 発生速い・よく伸びる・低姿勢・ダウン1のダウン技・オヤシロ無視の特典つき。 CSでキャンセルする際は硬直の長さも思い出そう。突っついて放置のほうが安定する場合が多い。 ただ、突っつき即CSCは残った慣性にのり、滑りながら発射するのでカットはされにくい。 ヒット&アウェイを心がけよう。ちなみに、D格→CSで35%。 バットのように、ダッシュ格闘をぶん回して戦局には飛び込んでいけない。CSCしてもしなくても隙はある。 バットとは違うのだよ、バットとは。 ダウン追い討ちに使うと+1%。最高4回突っつける。(合計5回)カットに気をつけつつ稼いでいこう。

ステップ格闘

ぐるりと回ってクラブを振り回す。 判定がキチガイのように強い。攻撃判定さえ出てしまえばかち合った格闘ほぼすべてに打ち勝てる。 しかし、発生までが遅い。 とはいえ、相手の目の前で打つと相手の周りを回りながら攻撃判定を出すため、あらゆる攻撃の誘導を切れる。相手の隙をCSCで吹っ飛ばそう。 前ダッシュ中に相手の至近で横いれでだしたり、ステップ中に距離を見計らいながら出していける。 CSが弾ぎれでも、バクステキャンセルは可能なので積極的に振っていって問題無いかもしれない。

空中格闘

空中振り下ろし。 発生強化で使い勝手アップ。上から振り下ろすため、見た目どおり上に逃げる相手=高飛びに強い。 とはいえ、空対空でかち合うと発生の遅さに涙する。鉈の格闘に嫉妬。 上下の判定は大きい。地対空ではかなりの強さを発揮する。 が、地対空はCSで別に問題ないので特に活躍の場所が無い。 発生の遅さが全ての希望を奪っている。 相手のほうが空格の性能が良いときは素直にNSを出したほうがよかったりする。 至近距離で打つと相手の周りを回る。

空N→着N→NNαが鉄最大コンボ。 α→NSorCSorNorFCS

AD格闘

某バッタヒーローを彷彿とさせる華麗な飛び蹴り。 空中でのスタミナ消費なしの移動手段。先読みで空格潰しにもなりうる・・・かも。 これで相手をまたぎ、隙にCSをいれられる。 後ろいれAD格で、相手と135度の角度で飛んでいく。 一応、これもオヤシロアーマーも破壊する…。

着地格闘

ショルダータックル→クラブ振り回し。 ショルダータックルが全くといっていいほど移動しないため、空振りすると悲しいことになる。 ダメージも大きいわけではないのに硬直だけは一丁前にあるため、かなり注意を必要とする。 特に復帰後ガード、着地ガード、河原の段差で落ちた後のN格振りミス、などである。 しかし、それでもショルダータックル後の格闘は横格闘と同じ範囲がある為、近くにいたらなかなか当てやすい。 ショルダータックルも外してもCSより致命的な隙がないため、余裕があったら狙っても良いのかもしれない。
なお、タックルHit時に距離が離れる為…2段目は使いにくくなった。

コラム

立ち回り

NS・CS牽制が主な仕事。側面や背後に回りこんで中距離から射撃戦を行う。

アイアンは総じて射撃の隙が大きい。飛び込むタイミングが来るまでは回避を重視しよう。近い敵、こちらに注意を向けてそうな敵にはNS牽制を振っていく。離れている敵やこちらから目を離してそうな敵にはCSを出していこう。   CSはよそ見をしている敵の硬直・着地を取るのが得意。空格で滞空時間がわずかに延長可能。敵が空にいる時、スタミナで勝利できそうならCSを当てるチャンスなので、できるだけ敵二人のスタミナを把握しよう。敵が味方と相対している時はチャンス。敵の迎撃行動のタイミングを読み取ってCSをぶつけていこう。  

接近できるようならオギCSと空NSが使える。特に空NSは接近戦でも強いのでオススメ。味方とタイマン状態になっている敵なら接近してCSも当てやすい。   方追いのチャンスとなるのは、敵がこちらの牽制射撃で後退した結果、もう片方が取り残される時。あるいはアイアンのCSがヒットして敵が吹き飛んだ時などだ。   CSの性能は高いが地上での硬直が大きく、空から出す場合はある程度高い位置からしか出せない。このゲーム一般について言えることだが、高空から射撃を出すほど着地までにかかる時間は長くかかり、敵に対して着地を取らせるチャンスを与える事になる。とりわけ近距離で正面から向かい合っている敵に対してアイアンの方からCSを仕掛けていった場合、確実に回避されて隙を取られる事になる(突撃してくる敵に迎撃として出すならCSはむしろ良い性能だが)。したがってCSを出す場合は敵二人の位置やロックを気にしよう。大きな隙を見せたくない時は低空からNS、多少の隙が許されるならCSを牽制として出して良い。

覚醒

オヤシロを選ぶのが良い。火力に不安があり、隙があるキャラなのでダメージを負うのが避けられないからだ。しかし相方が近接系、あるいは柔らかいキャラであるためどんどん落ちていくと思うならタッグも充分使える。タッグ時はNSが良い。タッグなら1落ちに抑える戦い方をしてもよいため、相方が前線に立ち続ける時間が増えるだろう。カケラも悪くは無いが、風船調整はしっかりしておかないと発動した瞬間に勝敗が決まって悲しい思いをする事になる。 <対オヤシロ> 逃げ推奨。オヤシロ相手に有効なのはダッシュ格闘の突っつきとAD格闘だけのため、まともに戦うとバットより辛い。味方と二人がかりで迎撃しよう。それが無理なら、自分が殴られる覚悟で遠くへと誘導していくか、あるいは味方が殴られてても落ち着いて距離を取り、安全な状態から射撃のカットを出せばよい。無理は厳禁だ。

個別キャラ対策

  • 水、鋤、鉈、SG辺り

硬直取りキャラには注意。ステップやCSを迂闊にポンポン出してると硬直を取られて終わります。 まあこれらのキャラに限った事ではないが、狙われやすい事は念頭に入れておこう。

  • 詩音(スタン、鞭)

相手は射撃の射程が決まっているので、まずはその間合いを覚えること。相手の間合いの外の中距離で、空NSを使い丁寧に硬直を取っていこう。とはいえ、足が早いので相手の間合いまで接近を許しがち。そうなったら頑張って横方向に逃げよう。うまく相手の射撃をかわしたらCSで吹き飛ばそう。 熟練で隙のない詩音には…どうしよう?

小技

<コンボ一覧> ズンダ         30 D格→CS       35 N→前格→CS(FCS) 39.75 (41) NNN→CS       41.25 着格→NNN→CS   45 空格→着格→NNN  47.5 ・壁際 D格→NNN→CS    40 NNN→NN       42.5
<段差落ち> 他のキャラでも同じだが、段差上の端一歩手前で落ちる方向へキーを押しながら格闘を押すと、すばやく段差を降りることが出来る。校舎屋根からのCS強襲などに活用しよう。

オーバーキル

残り体力5%の鉈レナにCSで止めを刺すと24%、FCSで止めを刺すと25%風船を膨らませられる。これらの技でトドメを刺すと追撃が不可能になってしまうものの、これ一発だけでいくらか稼ぐ事ができるので、敵が瀕死の時には選択肢に入れても良い。   実用的な稼ぎ方としては、NS > D格 > 空格 > 前格がある。NSで地上の硬直をとってトドメを刺し、即D格で吹き飛ばす。そこからもう一方の敵の射軸から外れるようにADをしながら接近し、空格>前格を入れるというもの。空格は相手に対して誘導して移動してくれるし、意外とリーチが長い。スタミナがわずかでも小刻みに真っ直ぐADしていけばギリギリ入ることもある。

コメント

  • EX技が追加された --
  • デイブレイク改以降、NSのJCが不可能になってます、結構痛い変更かと。 --
  • JC不可能は1,10から。 --
  • CSって、1.10と比べると当てやすくなってる気がするが。 --
名前:
コメント: