デテクティブ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

著:用務員
ペンネームはどげんかせんといかん。

DDT住民を多数取り入れたネウロ風ミステリー小説。
連載期間は2009/08/09~2009/10/28。
当初、第四部までの連載の予定だったが、好評につき六部まで連載された。
gdgdの引き伸ばしになってしまったということは禁句である。
一応完結はしているのだが、次回作に期待せざるを得ない点が多い。


デテクティブ
2009/08/09


第2部
2009/08/11


第3部
2009/09/29


第4部
2009/10/08


第5部
2009/10/17


第6部
2009/10/28


デテクティブ非公式ガイド

※第六章までのネタバレを含みます


デテクティブとは?


安楽椅子探偵というミステリ用語
(作者はある程度のミステリ知識はあるらしい)
意味は椅子に座って事件を解決する探偵を示す。
本作デテクティブではそんなことは無く、探偵は逆に肉体派であるので注意。




第一部 全六話

舞台は兵庫県。
修学旅行へ来ていた旦丘高校生が事件へと巻き込まれる。
衝撃の結末と感動を。



登場人物紹介


用務員
「千里眼だぜ・・」
探偵事務所の探偵、所長。



ソルト
「うぜぇんだよ記者共、質問ねぇなら帰れ」
用務員の助手



赤猫
「楽太郎さっさとジュース買ってこいよ」
旦丘高校の生徒、普通の高校生


楽太郎
緑茶のペットポドルを2本抱え込んだまま・・・
旦丘高校の生徒
びびりでびびり


ローラ
「彼は運命に負けたということですね」
旦丘高校の生徒
帰国子女でイケメン



飯島
「うっ死死死」
旦丘高校の生徒
クラスで暗い


食堂のおばちゃん
「みんなーご飯できた・・・・ぎゃああああああああああああああああああああああ!!」
きもう宿の食堂のおばちゃん



昴流
「他に変わった事は・・?」
取調べにやってきた刑事



記者
「今日はどういった用件で日本へ!!?」



総理
「弁護士制度を復活させます」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。