さちんぽ物語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

================================================================
水前寺「おや、チケット一枚余った」

スナイパー「知り合いの、用務員がいるんだけど…」

しお「用務員…ねぇ」

ローラ「いやー用務員いいんじゃね?ちゃんとしたやつなら」

用務員「い!いいんすか?こんなメンツで、お、畏れ多い」

けいごうけん「何言ってんすか、用務員と言えば隠れた実力派。」

用務員「そ、そんな…でもご厚意に甘えさせて頂きます、ありがとう」

幸「あ…あぅ…お、ぉ、ぉで………」

一同「何だお前!?」

幸「ぉ………ぉ…、でもッアッアッ…」

一同「消えろ!低能のさちんちんが!!世間に迷惑かけんな!」

幸「ひぃぃぃぃぃぃぃーー……」
================================================================

ちょっとした遊び心で作られたこの物語が
彼を真剣に怒らせ、一定期間彼がDDTに来なくなったのは後の話である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。