※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初出はアラド戦記
阿修羅で直前ガードにはまってガード主体の立ち回りが出来るように生まれた決闘キャラ(だった)
名前の由来は「大剣で護る」ことから
登場作品が増えるごとに大護の共通点が減っていった
どのゲームでも羽をつけているのはアラドの4次レアから来ている
3作品で使用しているので各ゲームにおける大護は以下

アラド戦記

60剣聖
なんだかんだで最初は決闘キャラだったのに狩キャラになった
大剣が狩で活躍できるのはSI後だというのに
それでも限定は自分がリーダーになってバンバンいきまくってたらカンスト出来たけどね
これでSIきたら勝つる
ちなみにウェポンマスターだけど決闘で定番のコンボとか大抵出来ません
ひたすら避けて守って叩く感じです
出来るのはチャージクラッシュからアッパーで高く浮かせて空中連続斬りくらいかな
武器:メルベーユ
ウェポンマスターなら光剣だろうと言う意見はガン無視
元が決闘キャラなので何も不思議ではない
限定レベルならQ技を使っているだけで大体終わるし、Q技の威力の高い大剣は普通に強いと思うんだ
55からの剣のグラフィックも○、この大きさでガードをすると守っているって感じがある

防具:聖なるキュベレイ3点
クナクス肩
審判腰
オーソドックスな軽甲決闘キャラの典型装備
攻撃速度、移動速度はレアセットでは出せない能力
力とHPブーストも高く、タフさがある

クリーチャー:ボティス
決闘で移動速度は大事だよ、と決闘をやりこんでる人からアドバイスを頂いて
それから考えた結果クリーチャーはこれになった
実際近接職の移動速度は高い方が有利に運べるパターンが多かった

SI後予定のスキル振り
+ ...

ドラゴンネスト

32パラディン
パラ×とか言うんじゃありません
物理型+プロボ&ヒールMAX
ドラネスの1stキャラ
事前情報ほぼ皆無で仲間を守れそうなキャラだったからパラディンになった
大護のスタイルはメイン盾来た!これで勝つる!を体現している
敵の注意を引き付けて仲間が攻撃しやすくなるように場を作って行く感じ
死なないようにするのは簡単だけどMPが足りませんorz
決闘強職狩弱職というのはレベル20超えるあたりで知った
羽( 0ω0)パラも愛して


アークサイン

←通常衣装  ウサミミ→
42不屈のファイター
他のゲームの大護と大して変わらず、挑発して受け流しして火力クリーチャーに敵を殲滅してもらう
どちらかと言えば殲滅戦向きな戦い方をする
両手武器という括りの為、大剣を元々使っていたがタウ斧の為に今は斧装備中
主に使用する傭兵
ロキ・クレシノート
ブラックキキン
マントラG
サムエル
見習い天使トゥルエル
エンタイガー
ロキ用の防御ケッティボール
サーマンアップブランブル
雨宮琴音