ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

用意

  • デッキ
    • 60枚で構成されるカード群
    • デッキに入れることが出来るのは、以下の種類のカードに限られる
      • 決闘者カード
      • モンスターカード
      • イベントカード
    • 枚数制限
      • どのカードも同種カードは3枚まで
      • カードの種類や決闘者が違う同名カードは、同種にカウントしない
  • エクストラデッキ
    • 不明


決闘者カードについて

  • 名称
    • 決闘者にはレベルが存在する
    • レベル1の決闘者を『下級決闘者』と呼ぶ
    • レベル2以上の決闘者を『上級決闘者』と呼ぶ
  • ライフポイント
    • 初期ライフポイントは4000である
    • ライフポイントが0になった瞬間、その決闘者は墓地に送られる
  • 成長時の処理
    • ライフが4000にリセットされる
    • 召喚していたモンスターのデータは引き継がれる(墓地に行かないため)
  • 決闘者カードの出し方
    • 参戦について
      • 手札から場の空きに決闘者カードを出す事を『参戦』と呼ぶ
      • 下級決闘者カードは参戦出来る
      • 上級決闘者カードは手札から参戦出来ない
      • 参戦に回数制限は存在しない
    • 成長
      • 場の決闘者を1つ上のレベルの決闘者にする事を『成長』と呼ぶ
      • 場に存在する前身の決闘者を墓地に送る事で、手札の上級決闘者を成長させる。その処理は以下の通りである
        • 場の決闘者より1つ上のレベルの上級決闘者カードが手札にある事を確認する
        • 場の決闘者カードの上に、対象の上級決闘者カードを重ねる


モンスターカードについて

  • 召喚
    • 召喚の概要
      • 手札から場の決闘者にモンスターを所有させる事を『召喚』と呼ぶ
      • いわゆる旧ルール採用なので、どのモンスターも召喚出来る
    • 召喚制限について
      • モンスターは1人の決闘者に最大3体まで召喚出来る
      • それ以上の召喚は不可能である
      • 召喚はターンに1度しか実行出来ない
  • 隊列
    • 隊列の概要
      • 召喚されたモンスターは[前衛、中衛、後衛]に隊列を組む
      • 前衛は『守備モンスター』と呼び、常に守備表示を取る
      • 中衛は『攻撃モンスター』と呼び、常に攻撃表示を取る
      • 後衛は『主将モンスター』と呼び、直接戦闘に参加出来ない
    • 隊列の変更
      • その決闘者のメインフェイズ中にいくらでも変更して良い(下記フェイズ参照)
      • モンスターが戦闘以外で決闘者の元を離れる事は許されていない
    • 隊列の特徴
      • モンスターは隊列によって役割が変わる
      • 守備モンスター
        • 決闘者へのダメージを防ぐ盾となる
        • 数値は守備力を参照する
        • 相手からのダメージを、この数値で計算する
      • 攻撃モンスター
        • 決闘者へダメージを与える剣となる
        • 数値は攻撃力を参照する
        • 相手へのダメージを、この数値で計算する
      • 主将モンスター
        • モンスターを支援するリーダーとなる
        • 数値は参照せず、属性を参照する
        • この属性と等しい守備モンスターは、守備力が+30%となる
        • この属性と等しい攻撃モンスターは、攻撃力が+30%となる


準備

  1. デッキをシャッフルする
  2. カードを7枚引く
  3. 召喚可能な決闘者カードがあれば、場に裏側で召喚する(無ければ手札を公開した後、デッキに戻し初めからやり直す)
  4. ジャンケン等で先攻後攻を決定する


勝利・敗北条件

  • 勝利
    • 敵の決闘者が場からいなくなる
    • 敵がカードをドロー出来なくなる
    • 特殊勝利条件を満たす
  • 敗北
    • あなたの決闘者が場からいなくなる
    • あなたがカードをドロー出来なくなる
    • 特殊勝利条件を満たされる


ゲーム開始