※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dネツ delphi氏の考察(2007年11月27)

~両手の練習2~



○とりあえずPC10k安定したかな?

そしたらとりあえず、気持ちが落ち着いたと思います。「どうやったら10k超えるんだウアー」って状況は脱したでしょう。
じゃあ少しずつ、腕をあげてきましょうや。

○両手のメリットは機動力

突撃しないなら火サラのほうが強いです。つまり何を言いたいかというと、つっこめよおら!ってことです。無駄な突撃はまずいんだけど、上手い突撃を身に着けようってことです。
で、機動力って何よ?っていうと、わかるよね、ストスマです。ストスマが両手の最大の武器。これのマスターを目指そう。

○まずは当てられるタイミングを覚える

箇条書きするよ。
ステップ
ジャンプ
スキル硬直
ダメージのけぞり
移動時の相対速度ベクトルが条件にあったとき }

○ステップにストスマ

基本中の基本。いろいろタイミング変えてためしてみよう。体で覚えろ!ってことだな。

○ジャンプにストスマ

敵が空中にいて着地するちょい前にストスマ撃つと確定。 エイミングちょい難しいけど、まぁ技術だけで簡単な部類なんで使えるようにしとこう。

○スキル硬直

魔法からレイン、ヘビスマやテイルなど、ある程度ある硬直には確定でHITします。 逆に確定しないスキルはバッシュと弓のレイン・ピア以外くらいだと思う。あとは自分と相手のラグ具合と反応速度の勝負。
Root系スキルも、腕振りを見て即座に飛びつけば、Rootと交換にストスマがHITします。

○ダメージのけぞり

これがしっかり出来る両手は上手い両手として覚えられます。たとえば僕が覚えます。
レイン・レイド・イーグル・ベヒ・ヘルがのけぞりがでかい代表格。
これらのスキルは「あ、あのスキルがHITするな」ってのを見てからストスマで間に合います。ちょい遅いとこけられるけど、まぁHITしますよ。
トゥルーみたいなのけぞりの短いスキルでも、発射と同時に飛びつけばヒットストップによる擬似鈍足効果でHITするらしい。ただ実用する機会はあまりないかな。

○相対速度ベクトルうんぬん

要するに、敵が近づいてきてたらHITするよ、ってことです。
あと、鈍足状態の敵にも結構HITします。結構っていうのは体感の部分がでかいです。条件は調べてないのでわからないので勘弁。まぁやってると体が覚えます。

○で、使ってみよう。

隙を見つけたらとにかく飛びついてみよう。敵サラが魔法撃ったのみたら必ず飛びつく、ヴォイドしてる敵スカがいたら必ず飛びつく、レインしてる敵スカみたら飛びつく、レインくらってるスカサラみたら飛びつく、そんな感じ。
とにかくこの段階では死にまくれます。タイミングがつかめてきたらつっこんでいい時と明らかにまずいときくらいは区別つけましょう。

○ストスマあてたあとは

スマふるか、敵のステップ着地をヘビスマでとるか、単体狙わずに餅つくか、です。まぁいろいろやってみてね。

○飛びつく相手を選ぼう

ストスマで距離を詰めると、その後しばらく敵のレンジにいることになるよね。当然それはこっちのレンジでもあるんだけど、逃げるときは敵だけのレンジになる。これはすごくでかいリスク。このリスクテイクに見合った収穫を見込んで飛びつこう。
具体的にはキル。
ライフ400以下の敵はストスマスマ+1発でキルとれる。300以下ならストスマスマで確定。
100ならストスマだけでいける。そういう敵を狙ってこうってこと。
逆にライフ1000の敵に飛びついて、そのキャラのライフ400削っても、帰り道にヘルくらったら完全に赤字だよね。

○この段階での目標スコア

10kill/2dead/PC10kdmg
これで安定してきたら立派なもんです。誰に聞いても中級者認定もらえると思います。
ストスマ以外にも、狙えるときには迎撃ヘビをねらってくとこれくらいになるとおもう。
最初はdeadが多いでしょう。それは突撃タイミングを考えることでぐっと減らせるのでがんばってみてください。
deadがかさむ段階では、裏方も混ぜてしっかり戦争に貢献しましょう。ポイントもつくようになったしね。