議事録 > 5月10日 ポストイットWS議事録


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

≪5/10ポストイットWS議事録≫


ポストイットWSは2つのグループに分かれ、話し合い(前半)40分→中間発表20分→話し合い(後半)40分→発表・質疑応答45分という流れで行いました。
ポストイットWSはアイデアをたくさん出すことを目的にしているので、実現可能かなどは考慮していません。

参加人数は9人で薪く炭く石川、IFSA原田、SAGE湯谷、4R伊藤、SAGE藤沢、農交ネット小牧、杉良山北、ウェルかも塚原、農薬ゼミ毛利でした。


Aグループ(仮)…伊藤、湯谷、山北、小牧、毛利
Bグループ(仮)…石川、原田、藤沢、塚原






=Aグループ=
【交流】
 ・16団体で交流。
 ・説明会を秋にも行う。
 ・一般の意見とは違う意見を持った人(武田邦彦、池田清彦とか)に会いに行く
  *武田邦彦…『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』の著者。(参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E9%82%A6%E5%BD%A6)
  *池田清彦…構造主義生物学の論客で、主流の進化論を激しく批判。またその「構造主義科学論」からくるラディカルな主張から、独自の科学論、社会評論等も多数行っている。
   (参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E6%B8%85%E5%BD%A6)
 ・16団体で単位の出る授業をする。
 ・教授に会いに行く。

【政策提言】
 ・国の制度を変える。
 ・京大の制度を変える。→クーラーでなくクールビズとか
  方法案→署名(署名.comを使ってはどうか) …調べてみたところ、署名.comにおいては自然、動物、環境のジャンルの署名はまだ1つも行われてなかった!

【啓発】
 ・エコでかっこいいライフスタイルを提案ー環境について知ってもらう。
  ⇒16団体の知識を広める。ex.小学校の総合学習で話をさせてもらう、各団体の発表会(広く人を呼ぶ)

【エネルギー利用】自然エネルギーを取り入れる!
 ・銭湯、ビニールハウスなどで薪を利用する。
 ・屋上緑化。
 ・ソーラーパネル設置。
 ・太陽光の熱利用。
 ・緑のカーテン。

【一次産業】
 ・森林浴、竹林浴に行く。
 ・植林、青年中間山地協力隊。
 ・地産地消→近所で農業。
 ・井戸を掘る。
 ・WWOOF(有機栽培の農場で仕事を手伝う代わりに、食べ物・泊まるところを提供してもらう)をする。
 ・都市での水の利用の仕方改善。
 ・食料自給率とともに水自給率を上げる。
 ・16団体でお店を作る(法人?)⇒交流の場にも!





=Bグループ=
【疑問】
 ・なぜ、日本の政治は環境に近視眼的か?
 ・エコを「流行」じゃなく「当たり前」にできないか?
 ・地球を救うために何をすればいいか?
 ・努力の相殺をなくしたい!
  ↓↓

【話し合い】
 ・ディベート大会。
 ・模擬環境国会。
 ・サークル間、交換留学。
 ・合同勉強会。
 ・講師を呼ぶ。
  ↓                          ↓

【市民】に対して啓発                  【実践】
 ・地域の人を集めて環境について話をする。        ・CO2○%削減生活実践。
 ・サークル別にリレー講義。               ・京都の食べ物だけで生活。
 ・小学校で出前授業。                  ・モデル人間(モデルハウスの人間版)。
 ・小学校と連携して、環境対策。             ・山の中で会議。
 ・市民への実態調査。                  ⇒マスコミに取り上げてもらう!

【ツアー】見えにくい環境問題を実感できるイベント
 ・いろいろな地域の農業体験ツアー。
 ・企業の本音を聞くツアー。
 ・自給自足体験ツアー。

【自然と現代生活を融合】
 ・楽しくないと続かない!
 ・かっこいい。
 ・ワンオフィス、ワンガーデニング。
 ・イングリッシュガーデニング(公園みたいなのじゃなくて、賀茂川のような寝たりゆったりできるイメージ)

【その他】
 ・オープンキャンパスで環境について高校生に話す。
 ・京大放置自転車問題。
 ・遊び人プロジェクト…楽しさの要素を重視して、エコなお店にいったりする。
 ・観光客相手に何かする→さすが京都といわれるような…
 ・NPOと一緒に活動。
 ・余裕、ゆとりをもった生活を!