レポート番組

みなさん、こんにちは。レポーターの式条です。
 今日は帝国・共和国を問わず様々な藩国が参加している注目のイベント、農業博覧会のレポートをお送りします。



まず会場に入ると早速、各国の屋台が並ぶ屋台街が見えますね。
 一般参加者の皆さんの中にはここでの試食がお目当ての人も多いようで、
老若男女、国籍を問わず色んな人々が試食や珍しい名産品の品定めに店員さんとの会話等を楽しんでいる姿が見られ、活気に満ちています。
 様々な屋台はどこも工夫を凝らしており、
リンゴ1つを取って見ても焼きりんご、アップルパイにリンゴ飴など
国毎に様々な食べ方があって中々興味深いですね。



次は品評会会場の風景をお送ります。
 ここ品評会会場では屋台街とは一転して企業向けに農産物や加工品の品評会や
農業に関する研究成果の発表や技術論についての講演などが行われています。



 品評会の控え室では各国の酪農家の皆さんが丹精込めて育てた家畜のコンディションの最終確認や緊張している家畜を宥めたりしている様子が見られます。
 家畜の種類も鶏、牛と言ったメジャーどころに加えて怪獣やトナカイといった変わり種も見られバラエティ豊かです。



 家畜以外の出品物についても広い展示場に様々な物品が所狭しと陳列され、審査員達による静かながらも熱心な審査が行われています。
 出品物としてはきゃべつや苺、キノコにじゃがいもと言った野菜や果物をはじめとした天然物からビールやお酒、乳製品にパン、アイスクリームなどの加工食品、それに木材を利用した楽器や革製品、糸と言った食品以外の加工品もあります。



 さてそろそろ放送時間も差し迫ってきましたので、まとめに移りたいと思います。
農業博覧会を通して、米1つを取っても、産地によって様々な違いや生産者の拘りがあったり、農家の皆さんの日々の技術に関する研鑽や情熱の一端に触れる事ができ、NWの農業の将来が非常に楽しみになりました。
 また時間の関係で屋台や出品物の全てを紹介する事は出来ませんでしたが、興味を持たれたお茶の間の皆さん!是非ともご自分の舌で、目で、肌で実際に体験する事を強くお勧めします。
それではまた来週、ご覧のチャンネルでお会いしましょう。さようなら~ノシ

蘭堂 風光
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。