家畜怪獣タオシム(ナニワアームズ商藩国)

家畜怪獣タオシムはナニワアームズ商藩国の畜産業で最もポピュラーな怪獣です。
少々強面ですが、気性はどこか牛やカバを連想させる穏やかさで、日当たりの良い場所でうたた寝をしている様子を良く見る事が出来ます。
そのまん丸で大きな巨体は肉食の怪獣の爪や牙から身を守る為に頑丈な外殻に覆われています。
生態は牛や豚に近い草食性であり、集団で群れて行動する習性があり、牧畜に向いていると言えます。
多産であり、栄養価の高い母乳で子供を育てます。
その肉は食用に適しており、また頑丈な外殻は建築材に、滑らかな手触りの革はなめしてバッグやベルト、財布等の高級品素材に活用されています。
ナニワでの酪農が開始された当初は酪農家は家族単位の小規模なもので品種改良を伴わない地下での飼育に適した牧場の確保・運営が難しく、極少数の飼育に留まっていました。
郊外ファームタイプの遊園地の開園に伴い、酪農家を志す者が増えると複数の酪農家が共同で運営する事で十分な規模の牧場の確保が可能になりました。
共同運用により結果として酪農家同士の交流が進み、酪農における様々な技術や情報の交換・蓄積を促進し、ナニワにおける酪農技術の発達に大いに貢献しました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。