ヒコモモ(暁の円卓)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヒコモモ(火子桃)
 概要
 食用として優秀な暁の円卓原産の蟠桃の一種。8月~9月にかけて旬となり、その扁平な形から輸出用にはあまり用いられないが、見た目に反してねっとりとした濃厚な甘さとその後味のよさと、その味にもかかわらず見た目のいい白桃よりも安いことから暁の円卓藩国国内での人気は非常に高い。特に病気で看病されているときには子供はこれをねだったりすることがよく見られる。
 また桃には邪気をはらう力があると考えられている。桃の節句などではこの桃の加護によって女児の健やかな成長を祈るのである。

あかつき桃
 概要
 糖度が高く果肉はとろけるようでありながら、歯ごたえのある桃である。形がいい白桃であるため輸出用に用いられるモモはヒコモモではなくあかつき桃となる。収穫時期は少し早めの7月下旬~8月にかけてとなる。表面のうぶ毛を洗い落とし丸ごと食べることもでき、こうした場合たくさんの栄養を取ることができる。美容効果や便秘防止にも役立つのでとくに女性からの人気が高い。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。