葱(鍋の国)



 鍋の国には葱島という島があります。そこで取れる草がネギなのです。正確に言うとこの島で自生している植物のほとんどが葱であるというとても不思議な島なのです。



 鍋にはネギがかかせない という鍋の国の言葉があります。どんな鍋だろうがまずネギを欲しがるのが鍋の国です。もちろんネギが苦手な人や犬だっているのでネギなし鍋を鍋の国で注文する事でもできます。しかし、ネギはそれだけ鍋の国では重要であり、様々な品種が存在しているのです。




 鍋の国の葱島ではネギ畑を作り、美味しいネギを生産しています。ただネギを食べるだけならば葱島の自生しているネギでも大丈夫です。しかし、自生のネギは形や味に違いがあるのでネギ畑で商品として販売できるネギを作っているのです。




 そんな鍋のネギは甘くてジュージー。特に鍋で煮えたネギは甘さがタップリ。勢いよく食べると葱の中身が口の中に飛び出てきてアチチ!



 そんな鍋のネギを今回は紹介……となると味も見てもらわないといけませんよね!(断言)



 という事で今回は焼いたネギをご用意。鍋のネギをどうぞおためしください。タレは鍋の出汁で作った特製のタレでどうぞ!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。