カリブー(詩歌藩国)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

詩歌藩国で食されている食材の中でも、一風変わったものがあります。カリブーのお肉です。
カリブーというのは、日本名でいうトナカイのこと。
全国的にはあまり認知されていませんが、詩歌藩国では昔から食べられている家畜化された動物です。
脂肪分が少ない肉質で、あっさりした味をしています。
ちなみに詩歌藩国のカリブーは野に自生しているハーブを食べて育つため臭みがなく、おいしいと評判です。
また、最近では酪農家のかたが自作した歌を聞かせて愛情をそそいで育てる、という少し変わった取り組みも行われています。
まさに詩と歌を愛する国らしい取り組みと言えるでしょう。



オススメの調理法としては煮込み料理が上げられます。
作り方は簡単で、ザクザク切って鍋に放り込んであとは煮込むだけというお手軽料理ですが、味は格別。
つけあわせにマッシュポテトやピクルスを添え、ベリーソースをかけていただきます。
ベリーの甘いソースはちょっと不思議な味で、好みがわかれるところかも。
詩歌藩国ブースにも用意されてますので、いちど食べてみてくださいね。
気に入ってくださった方は缶詰も用意しておりますので、どうぞご家庭でも作ってみてください。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。