リンゴ(満天星国)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こちらでは満天星国で栽培されているリンゴのご紹介をさせていただいています。



ビギナーズ王国時代から栽培されてきたリンゴ。
現在、主に栽培されているのは、甘みが強く、酸味の少ない「雪乙女」という品種。生食に適していますが、ジュースやアップルパイなどの加工品・調理品にも重宝されています。また一部では、より加工用に適した原始的で酸味の強い種類のリンゴを栽培している農家も増えてきています。消費者のニーズにそった品種改良や、試行錯誤が続けられています。



冬、リンゴは眠っています。
気温が5℃以下になると、リンゴは成長を止めて休眠期に入ります。また暖かくなる日まで、じっと冬の寒さを耐え忍びます。寒さに耐えている間に、リンゴの実は少しずつ甘さを蓄えます。寒い冬をじっと耐えて、太陽の光を蓄えるからこそ、リンゴは甘く育っていくのです。



満天星の冬の寒さに育てられた、甘いリンゴはいかがですか?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。