ブルーベリー(満天星国)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ブルーベリー。その名前の通り青く小さな丸い果実が房状に実るこの果物は、合併によって誕生した満天星国において、新しく栽培が始められた農作物です。寒さに強く、満天星国の気候に合っていたことも選ばれた理由のひとつですが、実はこの植物、満天星国のその名前にあるドウダンツツジとも近い品種で、お互いの花はとてもよく似ているのです。満天星国の短い夏の初め、小さな鈴が連なったように咲く白い花は、同じ時期に咲くスズランにも良く似た可愛い花です。



 またこのブルーベリーは、小さな果実に豊富な栄養素が含まれているのも見逃せない特徴のひとつです。満天星国の長い冬に不足しがちなビタミンなどを補給する健康食品として、藩国内でも注目されつつあります。その効果は、その昔抜群の夜間視力から「猫目」の異名をとったさる女王の国のエースパイロットが、その視力を維持するために愛用していたとも噂されているほどです。



 満天星国のブルーベリーはそのままフルーツとして食べるだけでなく、ドライフルーツやジャムなどの加工品として保存され、冬に備える食品としても愛用されます。新しいお菓子レシピなども開発中、試食コーナーにてぜひお試し下さい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。