ビート(星鋼京)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ビートとは、寒冷地で育つ「砂糖の元」のことであり、東国人には「砂糖大根」という呼び方が通りが良いかもしれない。
 冬の寒さの厳しい星鋼京で収穫ができる、甘味に必須の農作物である。
 この野菜を絞り、その汁を煮詰める事で砂糖ができる。
 なお、この植物の葉と絞りかすは加工されて、ふすまと同様に家畜の飼料として用いられる。

 星鋼京では近年の菓子流行によって、更に甘く、更に美味しいビートの開発が今この時も進められている。
 なお、先日完成した種類などは糖度20%以上を誇り、国内の菓子職人が諸手をあげて歓喜した。

 ビートにも種類があり砂糖を作るためのものも勿論だが、今回はそのまま食べられるビートも同時に出品。
 “テーブルビート”と呼ばれるこれは、オーブンで蒸し焼きにしても非常に美味しく、星鋼京では一般家庭の食卓に並び、親しまれている。
 今回の博覧会では、ビートの砂糖を使ったアップルパイも屋台で購入する事が出来る。
 星鋼京の自然に育まれた食材を使った一品、その上品な甘さと美味しさを、ぜひご賞味されたし。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。