トナカイ(星鋼京)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 トナカイは星鋼京、特に伏見系国民にはなじみの深い食べ物だ。
 巨大な角を持つ大型の哺乳類で、分厚い毛皮を持つこの生き物は、星鋼京では半家畜化されている。
 飼育こそされていないが、特定の地域で集中的に繁殖されており、冬場ではトナカイ猟などが行われている。

 国民には人気で、冬場ともなるとトナカイのステーキなどが祝事にテーブルを飾り、主役を喜ばせる。
 口の中で弾ける様な触感と、溢れ出す肉汁が食欲をそそり、これを腹いっぱい食するのは一つの贅沢の形であるとされている。
 また、煮込料理にも良く合い、冬場はスープやシチューなどに姿を代えて、テーブルを彩る。
 入手は難しくもないが容易でもなく、値が張ることもあるが是非とも一度味わってほしい一品である。

 また、角は滋養強壮の効果があるとして、粉末にして飲まれることもある。
 他にも、その自然の生み出す美として角が器や飾り、あるいは道具などに用いられる。
 国内では猟をたしなむ者は縁担ぎとして、角を加工したアクセサリーなどを身につけるものが多い。 
 一人前の男は、これらのアクセサリーを身に着けてこそ、と意気込むものも多い。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。