米「笑顔晴」と鶏肉と卵「福粋地鶏」(愛鳴之藩国)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

合体オムレツ 米「笑顔晴」と鶏肉と卵「福粋地鶏」

元愛鳴には『笑顔晴』というブランド米がありました。
比較的天候にトラブルのないはてない人の環境ですくすく育ち、
甘さと歯ごたえと粘りのバランスのよい、おいしいお米です。



合併後も作付けされており、農薬を使用しない黒酢(笑顔晴の玄米で作る)による種もみや育苗箱の殺菌、稲守貝と呼ばれるタニシを使っての雑草の除草など、
環境にも人にも優しい稲作を目指しています。



元え~藩国で飼育が盛んだった福酔地鶏は、よくしまった肉としっかりした味が自慢の鶏肉です。卵も黄身の味が濃く大変濃厚です。
この3つを合体させたらどうだろう?きっと、いや絶対おいしいと思った人がいても何も不思議ではありません。



福酔地鶏の胸肉を軽く塩コショウして炭火であぶり、細かめに刻みます。
固めに炊き上げた笑顔晴に混ぜ込み少々火を入れます。
このとき、お好みで完熟トマトのケチャップや醤油、花山椒などを使ってもおいしくできます。
福酔の卵3個をよく溶いてふっくら半熟のオムレツを焼き上げ、形よく盛り付けたライスの上に乗せて開きます。



お口の中においしさの輪が広がる1品です。召し上がれ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。