ベマーラの実(世界忍者国)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イラスト

作:優羽カヲリ

設定文
 ベマーラの木に生る赤い梨に似た果実。単にベマーラとだけ呼ばれることもある。

 ベマーラの実は、トウモロコシ畑と水田の開墾に成功するまでは、「天然の忍者食」あるいは「万能食料」と呼ばれる世界忍者国の主要食であった。一口食べればHPがMAXになる…わけではなく、この実は食料として、非常に多彩な用途に使えるのである。

 まだ熟れる前のベマーラは深い青い色をしていて、7割ほどの実はこの時期に収穫される。これを天日に一週間干すと、表皮の水分だけが抜けて堅くなり、長期間にわたって保存が可能な非常食になる。堅くなった表皮をかじると、中にはまだみずみずしさを保った果肉が残っており、水分を補給する事が出来る。また、干した後に火であぶり完全に水分を抜いた後にすりつぶすと、これがまた良い香りを持つ香辛料にもなる。

 そして、燃える赤色に熟れた頃に、残りの3割を収穫する。

 赤くなった実は酸味が強く、絞り汁はベマーラジュースと呼ばれ、良く飲まれる。また、種にはマタタビに似た成分が含まれており、それを絞って溶かし込んだものは、多少苦みがあるものの、猫妖精には心地よい酩酊効果を与え、お酒のような物として好まれている。

(500文字、作:みはえる、編集:結城由羅)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル