きのこ(たけきの藩国)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

たけきの藩国の特産品の一つであるきのこは、主に屋内での原木栽培によって作られています。
屋内で栽培することで病害虫の被害を押さえ、自然に近い原木栽培により天然物に負けない良質な香りと味わいを持つきのこを生産することができます。



きのこには旨味成分であるグアニル酸、グルタミン酸が多く含まれ、低カロリーで食物繊維も豊富なヘルシーな食材として、女性を中心に人気が高まっています。
低カロリーであるため、栄養のないものの代表のように思われているきのこですが、ビタミンD、ビタミンB2などを豊富に含んでいます。
また、米を主食とする東国人の食生活の中で過剰摂取となりがちなナトリウムの排出を促すカリウムも多く含まれており、健康食品としても注目されています。



きのこは干すことで長期保存が可能となり、ビタミンDが増加し風味も増すため、干ししいたけを中心とした干しきのこの輸出も近年増加しています。



ちなみに、たけきの藩国できのこの人工栽培が盛んになったきっかけは、もちろん、竹上藩王の旧名である「たけきのこ」に由来するところであり、今ではたけきの藩国を代表する作物の一つとなっています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル