※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


コンパクト(compactness)/間延び

選手間の距離が コンパクト であるとはディフェンスのときにプレッシャーとカバーリングが効率よく行えるように、前線から最終ラインまでの幅を狭くして行う守備のこと、あるいはそのような状態のことです。

DFラインを上げてコンパクトにする場合



左図をご覧ください。どちらがコンパクトかは明らかでしょう。

(2)の方が選手同士の間が詰まって、相手へのプレッシャーが強くなっています。DF陣が頑張って高い位置をキープしたことが主な理由です。中盤も選手の間の距離を詰めて相手にプレッシャーをかけます。相手は容易にはパスを回せないため、ボールを奪い返しやすくなります。

こう見てくると、(1)の方はスカスカで相手が自由にボールを回せそうに見えてきますよね。ただし、(2)の場合はGKとDFの間に大きなスペースがあります。ここにスルーパスを出される危険は大きくなっています。裏を取られるリスクが高まっているのですね。


中盤が下がってコンパクトにする場合



左図に示すとおり、別にDFが上がらずに中盤から前が引いてくることでもコンパクトにすることはできます。この場合は(3)(4)ともDFの位置は変わりませんから、DFの裏を突かれるリスクはどちらも同じですね。

ただ(4)の方が緑の選手が集まっていて、守備は堅そうです。しかしその一方で、相手も逆襲を食らう危険が少ないと見て、相手のDFが上がってきています。緑のFWはついに自陣に押し戻されてしまいました。

では、上と下、つまり(2)と(4)という2つのコンパクトのうちどちらが良いのでしょうか。どちらが一概に良いとは言えませし試合の状況にもよりますが、まあおおよそ次のように言っても大きな間違いではないでしょう。

まず(2)の方は、裏を突かれるリスクは相対的に高くなりますがが、より高い位置でボールを取り返すことができるので、逆襲につなげやすいといえます。

一方、(4)の方は、DFはより堅いでしょうが、押し込まれっぱなしになる危険があります。ただロングボール一本でFWにボールをつなげる可能性もあるので、やり方によっては逆襲の芽は十分にあります。

つまり一長一短なので、状況によって使い分ければ良いわけです。どうしても点を取らないといけないような場合は上、自分たちが勝っていて、逆襲を狙えば良いという場合なら下、というような選択がありうるでしょう。また、強いクラブなら勝っていても終始攻勢を取るという選択もあるでしょう。両極端な例を挙げましたが、もちろんその中間もありえます。

いずれにせよ、チームがどうしたいかによって選べば良いのです。このような話はゲームプランのところで詳しく書きます。とりあえずコンパクトであるとはどういうことはお分かりいただけたと思います。


縦にコンパクトなサッカー

例えば、両チームとも攻撃を志向している場合は、左図のようになるケースが多く見られます。テレビ画面でもちょっと引いたカメラアングルならフィールドプレーヤーの20人全員が入ってしまいます。
余談ですが、スタジアムで観戦するとピッチ全体が見えるため、両チームのDFラインがどのあたりまで来ているかが一目で分かります。そうするとどちらのチームがどれくらい攻撃的に来ているのかなどがすぐ分かるわけです。テレビ観戦ではなかなかそうは行きません。スタジアムで見ることのメリットの一つと言えるでしょう。

横にもコンパクトなサッカー

さて、これまでは縦にコンパクトな状態を見てきましたが、現代のサッカーではさらに横にもコンパクトになります。このようにするといっそうプレスは厳しくなる一方で、サイドにもスペースができます。DF側はそこを突かれないようにプレスを強め、攻撃側はそこを突けるようにパスを回すわけです。

ピッチを広く使う

コンパクトでありさえすればよいというわけではありません。