※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ディフェンスラインの高さ

ディフェンスライン とはゴールに1番近いDFの位置に引かれた仮想の線のことです。この線は守る側が自由に上げたり下げたりすること(ラインコントロール)によって、守備のやり方を決めることができるので、重要です。


左図は下に行くほどDFラインを下げた状態です。DFラインの裏はオフサイドポジションになります。従って、相手の選手はそこにいても意味がないため、締め出されることになります。

高いラインのメリット・デメリット

ラインが高いほど中盤の選手の間が狭まり(コンパクトな中盤などと言います。後述します)、より高い位置でボールを取り返しやすくなります。そうすると逆襲もしやすいわけです。その代わり、DFラインとGKの間に広大なスペースができているため、もしラインを突破された場合、一気にGKと1対1に持ち込まれます。従って失点のリスクが高いのですが、それは中盤から積極的にプレスするなどである程度リスクを減らすことは可能です。
ちなみにラインはどんなに上げてもハーフウェイラインまでです。これ以上上げるとオフサイドが取れなくなるためです。

低いラインのメリット・デメリット

ラインが低い場合はその逆です。裏を取られにくい代わりに、ボールを取り返す位置が低くなり逆襲しにくくなります。下手をすると、押し込まれっぱなしになります。またミドルシュートのレンジを食らい安くなります。しかし、カウンターの仕方に気を配っていれば、その弊害を補うこともできるでしょう。
ラインは下げてもペナルティアーク付近までで耐えるのが理想です。
相手がCKを蹴る場合はマンマークで守るのが通常ですからあまりラインは意識されません。ボールを跳ね返して押し上げてからラインを形成するのが通常です。
(ただしセットプレーの場合でもゾーンで守る場合もある。この場合はラインもあり、オフサイドトラップも狙う。)

ディフェンスラインの設定

もちろんラインは高い低いの両極端でなく、その中間で様々な高さを取ることができます。DFは戦況を考えながら、上げ下げしなくてはなりません。

たいていの場合、試合の状況によって基本となる高さが決まっていて、その高さを中心に上下するような方法を取ります。ボールポゼッションして遅攻になった場合など、どのあたりの高さにラインの基本の高さを設定しているのかが良く分かります。
また、高い位置にラインを保ちたいものの、ラインの裏をしきりに狙われるなど相手の攻勢が強いため、仕方なくずるずるとラインが下げてしまうことも良くあります。



ラインのコントロール

オン・オフによって上下

中盤との距離によって上下

ボールとの距離によって上下

オフサイドトラップ

オフサイドトラップ(offside trap)
オフサイドトラップ とはディフェンス側が最終ラインを操作することによって、相手プレーヤーを意図的にオフサイドにさせるようにする守備戦術のことです。

例えばいま相手がクロスボールを放り込んできましたがこちらはクリアしました。


そしてDF陣はさっと上がって相手のFWを置き去りにしてしまいます。



相手はもう一度ボールを放り込んできますが、FW2人はオフサイドポジションに取り残されているため、ボールに触ってもオフサイドを取られてしまいます。
もちろんこの2人以外の相手選手が後ろから走りこんできた場合はオフサイドは取れないため、注意が必要です。