※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


縦方向への組み立て

まず、相手ゴール付近までボールを運ぶ必要がある。
縦へリズムを作るには?

まずボールの出し手と受け手がいる(ボールを持っている選手とそれ以外の選手)。
受け手はボールを受けやすい位置に動き、パスをもらって前を向ければ今度は自分がボールの出し手になる。
前を向けなければポストプレーをし、他の選手が前を向いて持てるようにする。

(1)前を向いてボールを持った出し手

低い位置なら

  • 持ち上がる
  • くさび
  • フィード

高い位置なら

  • ドリブル
  • スルーパス
  • シュート

(2)受け手はボールを受けるために動く

動き出し

  • ウェーブ
  • ダイアゴナル

オーバーラップ

(3)ボールを受けて前を向ければ受けた選手が(1)になる

(4)ボールを受けて前を向けなければポストプレー

詳しくはポストプレー参照。
  • 他の選手が裏へ動き出している場合はダイレクトで裏やサイドへ
  • 上がりが若干遅い場合はタメてから出す
  • 並走しているならダイレクトで横パス
  • 落として他の選手が前を向いてボールを持てるようにする
  • 落としてシュートを狙わせる
  • 落として3人目を使わせる。この場合はタメて相手を1枚引きずり出すのが有効
  • 戻して組み立てなおし


横への展開、ピッチを広く使う

縦方向と合わせて横にも展開する。
中央に集めてサイドへ。
サイドから中へ。
さらにピッチを広く使う。

  • オーバーラップ
  • 横パス
  • ロングフィード
  • サイドチェンジ


数的優位をつくること

選手の数が局面において相手より多くなるように心掛ける。
  • フォーメーションの相性による。
  • 後ろの選手が積極的に攻撃参加しなければならない(ただし当然守備との兼ね合いを考える必要がある)。



スペースを作る・スペースを使う

サッカーはスペース、つまり相手選手が近くにいない場所でボールをもらうことが重要です。フリーでボールを受ければ次のプレーに正確につなげることができますし、ゴールの近くでフリーになればシュートをねらうこともできます。ここでは、どのようにしてその状態を作るかを考えます。便宜的に2つの場合に分けます。

まずボールを持った選手がドリブルするとマークについた相手はその選手を追いますから、マーカーがいた場所にはスペースができます。とくに相手がプレスを志向するほどその傾向も強くなります。

また、ボールを持った状態でなくても、前線でボールをもらいにいく動き(おとりの動きなど)をすると相手はマークに行かなくてはなりません。そうするとその相手選手が動く前にいた場所にスペースができます。まあ言葉では分かりにくいでしょうから、以下でいくつか例を挙げながら説明していきます。


ボールを持ってマーカーを引き付ける

ボールを持って動くとマーカーが引きずられる。そして今までいたところにはスペースができる。

例.ポストプレーから

いま(1)がボールを持って前を向きました。

そして(2)に向かってくさびのパスを入れます。



他の例


ボールを持たずにマーカーを引き付ける

ボールを持っていなくても、もらう動きをすれば相手を引き付けることはできます。


例.サイドに流れて

いま、(1)が前を向いてボールを持ちました。

サイドに起点を作るため(2)が右に流れ、これにパスを出しました。縦に抜けられると困るため、相手DFは(2)について来ます。その瞬間に相手DFが最初にいた場所にはスペースができています。(3)は素早くそこへ向かって動き出します。これをいかに早く判断できるかが勝負です。無意識に体が反応するレベルまでいければベストです。

次々にズレることによってスペースが生まれていきます。

こんなに都合よくいくの?と思われる方もいるでしょうが、これはJリーグで見た試合からとった例です。いつもとは言いませんがこれくらいのことは狙っています。


他の例

具体的に2つだけ見てきましたが、似たようなケースはいくらでもあって、ここですべてを扱うことはできません。ですから今後のページで出てくるたびに指摘することにします。


スペースを作る人と使う人の意思疎通

さて、以上で見たように、スペースを作るための方法があることが分かりました。しかし、せっかくスペースを作っても、それを使わなければ意味がありません。意味がないどころか、スペースを作るために選手が激しく動き回って消耗しているわけですから、むしろ使うことが義務と言ってもいいくらいです。

そのためには、作る人と使う人の間に意思疎通がなくてはなりません。少なくとも敵の選手より早くスペースの発生に気付いて、そこに入り込む必要があります。上で見たように、スペースのできかたにはある程度パターンが有るわけですから、これをしっかり選手に叩き込む必要があるでしょう。前の選手が動いてスペースを作ったら後の選手がそこに走りこむ。これがオートマチックにできてくると、攻撃にかなり連動性が生まれ、パスがスムーズにつながるようになります。



タイミングを合わせる

オフサイドというルールがあるため、DFラインの裏へ抜けるタイミングを合わせるのにはそれなりの工夫が必要です。

いま前線で(2)が動き出しました。このタイミングでパスを出せれば、おそらく決定的なパスになるでしょう。

しかし(1)がラインを越すまで時間的余裕はほとんどありません。ちょっとでもタイミングが遅れるとオフサイドになってしまいます。またパスが出る前に相手DFがラインを上げてしまえば、(2)はオフサイドポジションに取り残されて、けっきょくオフサイドを取られます(いわゆるオフサイドトラップ)。

このように、オフサイドというルールのせいで、ラインの裏に抜けるタイミングにパスを合わせるのはかなり難しい。もちろん、難しいからこそ、戦術的な工夫がいろいろとあるわけです。


受け手がスピードに乗ったところにパス

足元ではなく…
動き出す先へパス
スペースへパス