※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


3人目の動き(third man running)

まず定義ですが、これは分かりにくいので軽く読み飛ばしてください。

3人目の動き とは「(1)から(2)の選手にパスが出る時、(3)は(1)から直接受けるためではなく、(2)に渡ってからパスを受けるために、(2)がパスを受けるよりも前にすでに動きを開始し、より有利なポジションでボールを受けようとする動き」のことです。何それ?って感じですが、以下で詳しく説明します。

3人目の動きは現代サッカーにおいて非常に重要です。試合中、この動きがどれくらい見られるかで戦術の浸透度を測ってもいいくらいです。

典型的には以下のようなパターンです。

パターン1


左図は(1)が他の選手からボールをもらった状態です。

ここで(1)は前を向くことができなかったため、ボールをキープしながら下がってきます。相手DFもそのまま(1)に前を向かせないようにしつつ、あわよくばボールを奪おうと、(1)に寄せてきます。

相手DFを十分に引きつけて(少なくとも注意を引きつけて)、(1)は(2)へバックパス。(1)がこのように相手DFを引きつけたことで、ゴール前から相手DFが1人いなくなり、スペースができています。

このパスは受けてからダイレクトで返してもも構いませんが、(1)がキープして時間を作ったほうが(2)(3)はこのパターンを狙いやすいでしょう。

そして(3)は(1)の動きを見ながら縦に動き出します。これが3人目の動きです。狙いは(2)からのパスを受けることです。一方の(2)の選手は(1)のパスと(3)の動き出しを同時に視界に入れてスルーパスの準備をします。

さらにこれも重要ですが、(3)は(2)の足元にボールが入った瞬間にちょうどDFラインに差し掛かるように、スピードを調節します。つまり(2)がワンタッチに近い形ででパスをくれると信じて走るわけです。

このようにすることでオフサイドに引っかからないようにしながらも、スピードに乗ったままDFラインの裏に飛び出すことができます。(2)の足元にボールが入る瞬間に相手DFよりこちら側にいるように動き出せば良いわけです。

そして(2)は(3)の期待に応えてワンタッチでスルーパスを出さなくてはなりません。
(2)がオフサイドポジションより十分手前にいる場合は必ずワンタッチでなくてもよいのですが、もたついた場合(3)がオフサイドポジションに入ってしまう可能性が高いので、やはりワンタッチで出すのがベストです。

また、このようなワンタッチのパスを出す(2)の役割はそれなりにテクニックの高い選手でなければ勤まらないでしょう。


(3)は相手DFより動き出しが早かったため、スピードに乗った状態で相手を振り切ってDFラインを突破することができました。

パターン2

パターン3

まとめ