※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


スルーパス(through pass)

スルーパス とは、まあご存知の方が多いと思いますが、ディフェンダーの間を通してディフェンスラインの裏側へ通り抜ける味方へ通すパスのことです。

このスルーパスに味方が反応し、DFラインの裏に抜けてボールを受けると、一気に得点のチャンスになります。

内側を通すスルーパス

まず左図は(1)がボールを持ってパスをしようとした状況です。(2)が近くにいますし、とりあえずパスを出す相手としては良さそうです。もちろん相手のDFもそれを分かっていますから、(2)にボールがわたる前でパスカットするか、(2)が縦に抜けるのを阻止することを目指しています。

そして実際に(2)にパスをしたとします。これはこれで一つのサッカーの形と言ってよいでしょう。(2)が個人技で縦に突破してクロスを上げてもよいし、中に切れ込んでミドルシュートやラストパスを狙うなど考えられます。

しかし、「とりあえずサイドの選手に預けてあとはクロスか突破」という形ばかりでは攻撃が単調になってしまいます。相手も試合中に慣れてくるため、サイドで封殺される可能性が高くなるでしょう。従って、次のようなスルーパスの選択肢を持っておくのが有効です。こちらの方がより危険な攻めと言ってよいでしょう。

元の状況に戻って、ここから何か別の方法を考えましょう。この状況で相手DFは(2)にパスが出ることを警戒しているため、実は自分の裏に隙ができていることに気付いていないことがたまにあります。そこで…

…左図のようにスルーパスを出します。これは(2)の走る距離を見れば分かりますが、ある程度(2)が予測して裏に走り出していないと上手く決まりません。相手DFに体を入れられてしまいます。

しかしタイミングさえピタリと合えば一気に大チャンスです。あとは(3)がニアで合わせればゴールです。もちろんそう簡単に決まるわけではないですが、プレーに関わる選手たちがこの形をちょっと頭に入れておけば、狙うことは可能です。

ここではサイドでの攻防で説明しましたが、他の場合でも状況は同じです。

要するにスルーパスには受け手とマークにつく相手との関係で、外側をねらうばあいと内側をねらうばあいがある。そしてできれば内側を狙った方がより決定的なシーンになるということです。



ウェーブ 前線での動き出し

ウエーブとはボールをもらう際、一度引いて(もしくは横に動いて)から波のような曲線を描き前線に飛び出すという動きのことです。

これにより相手の視野から外れた位置でボールを受け、自分の前にスペースを作ってパスコースを増やすことができます。また、パスの出し手からはパスが出しやすくなります。

左図では、(1)が前を向いてボールを持ち、(2)がスルーパスを受けるのを狙っています。

(2)は裏に向かって走り出しますが、直線的に縦に走るとあっというまに相手のDFラインを越えてしまいます。もちろんラインを越えてからパスを出してもオフサイドになってしまいます。つまり(1)がスルーパスを出すチャンスはほんの一瞬しかなくなってしまいます。これではスルーパスがつながる可能性は低くなります。そこで…

…左図のように横に向かって走り出します。こうすることで、オンサイドの位置にいる時間を稼ぎ、スルーパスとのタイミングを合わせやすくします。パスの出し手にも時間的余裕を与えることができます。

走る方向は横で無くても構いません。こちらに向かって走りDFを引き付けてから反転するのもありでしょう。

ともかくパスが出たところで縦へ方向転換し、パスを受けにいきます。

このようにして、オフサイドにかかることなく、スルーパスを受けることができました。あとは落ち着いてゴールを決めるだけです。

また、横向きではありますが早めに走り出したため、パスが出たときにはある程度スピードに乗っているのもメリットの一つです。