※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ボールを動かして崩す

引いた相手を通常のように崩すのは難しい。

ミドルシュート

ミドルを狙うことで相手がチェックに来る位置が高くなるため、それにつれて相手のラインも上がり、裏にスペースができるようになる。

いま左図のように守備側がしっかりと引いていたとします。この状態では最終ラインの裏にスペースが無く(スルーパスを出してもすぐ相手GKに取られてしまう)、中盤もしっかりスペースが埋まっているため、ボールを回して崩すのは難しい状態です。

そこでミドルシュートを積極的に撃っていくと、相手はこれを防ぐため高い位置から寄せて来ざるを得ません。

これでバイタルエリアが空くため、このままならバイタルエリアでボールを受けやすくなります。

守備側からはこれもイヤなので、ラインを上げて最終ラインと2列目の間を狭めます。

そうすると今度は最終ラインの裏にスペースができるため、裏を狙いやすくなるわけです。

もっとも中盤のプレッシャーは強まっているため、中盤をしっかり崩す必要がありますが。


2列目からの飛び出し




放り込み

放り込みというと無策という印象が強いですが、引いた相手にはそうせざるを得ない場合もあります。

左図のように前に人数が揃っている状況にあっては、シンプルにクロスを入れるのも有力な選択肢の一つです。細かくつなごうとするよりは、単純に放り込んだほうが良い場合も有ります。実際このようなケースからの得点も多く見られます。

特に試合終盤は、わざわざ難しいことを狙うよりは単純に放り込み続ける方がいい場合が有ります。一般にパワープレーと呼ばれることが多いようです。

さまざまなケースがあるでしょうが、2、3挙げます。





例えばニアに合わせる場合。



ファーへのクロスから折り返しを狙うのも良いでしょう。ただし、かなり長い距離のクロスになるため、精度が必要です。上手く行く可能性は相対的に低くなるでしょう。



このように敵陣深くからクロスを上げるのも有効です。なぜなら、守備側からするとボールホルダーとマークに付くべき相手が同一視野に入りにくくなるからです。


ピッチを広く使う、サイドチェンジ



コーナーキックを取る