※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


オフサイドの存在理由

そもそもなぜオフサイドなどという若干わかりにくい、そして問題が起こりやすいルールが必要なのでしょうか?もしオフサイドが無かったらと考えてみれば簡単に分かります。

小学生同士のサッカーなどを見ると左図のような光景を目にします。というか、私が小学生のときこういうことをしていたのであって、近頃のサッカーの上手い小学生は違うかもしれませんが(笑

まず小学生は特に何も考えずにボールに集まります。私は1人抜け出して、相手GKと雑談などをしています(笑)。そして味方がボールを奪い私にロングボールを放り込むと、私は雑談を切り上げ、ボールをもらい、簡単にゴールしてしまいます。

結局、お互い相手のゴール前で数人が待ちあい、両チームのゴール前をボールがただ行ったり来たりするようになります。これでは全く面白くありません。そこでせめて一番後ろにいるディフェンダーとの勝負に勝ったらシュートを撃てるということにしよう、というのがオフサイドです。

左図をご覧ください。最初、オフサイドに引っかからないようにするため、FWは相手DFより手前にいます。そしてパスが出た瞬間からよーいドンで競争することになります。そして、シュート体勢に持ち込むには相手DFより早く相手の前に出る必要があります。

つまり相手より長い距離を、しかも速いスピードで走り勝って初めて、シュート体勢にもちこめるわけですね。

俗にオフサイドを「待ち伏せ禁止のルール」などと称することもありますが、相手の背後でボールが来るのを待っていてはダメということですね。正々堂々と相手DFと勝負して勝たないといけないのです。

以上はパスの話でしたが、ではドリブル突破の場合はどうでしょう。これはもう正々堂々と最終ラインを自力で突破してますからオフサイドなど無くてもいいわけですね。実際、最終ラインの前からドリブル突破してオフサイドを取られることはありません。

ところで、本当にパスが出された瞬間からの競争になるのでしょうか?もし味方の選手だけ、パスの出るタイミングが分かっていれば、相手DFより早く加速し始めることができますよね。

実はそういうタイミングを合わせることこそ、戦術の目的の一つなのです。あとで詳しく説明します(例えば3人目の動きなどを参照)。
添付ファイル