Sytrus


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SytrusはFM(Frequency Modulation)とRM(Ring Modulation)シンセシスのためのカスタマイズ可能なオペレータを6個、プラックド・ストリング・シンセシス、3つのフィルター・モジュール、コーラスとディレイラインを備えたエフェクト・モジュール、ユニークなプログラマブル・ユニゾン・モードを特徴とするパワフルで幅広い用途に使用できるシンセサイザーです。

Sytrusの豊富な機能の実装によって、ベース・ライン、ベル、パッド、ドラム、ピアノ、ストリング、オルガンや、さらには各モジュールがサポートしている完全にカスタマイズ可能なエンベロープによりドラムやシンセのループまで(をひとつのパッチ/ノートで)含む極めて広い範囲のサウンドを作ることが可能です

この柔軟性には複雑性がともなっています。しかし、Sytrusに貼りついてこのヘルプ・ファイルで学習すれば(簡単なステップ・バイ・ステップのチュートリアルがあります)、SytrusがImage-Lineのライブラリの中でも最も評価されているプラグインのひとつであるとこが理解していただけると確信しています。

サウンドがもっと必要? - 数多くのユーザ製作のSytrusパッチがオンラインのSytrus-patch Forumから利用可能です。

またFL Studioのウェブサイトではビデオ・チュートリアルが利用できます。


コモン・コントロール

ほとんどのエンベロープの下にはズーム・バーがあります。これはエンベロープのスクロールとズームに使用できます。
  • スクロール - バーの中ほどを左クリックしてマウスを左右に動かすか、バーの端にある矢印を左クリックします。
  • ズーム - 1.バーの左端か右端を矢印が現れたとき(上の図を参照)クリックします。2.バーの中心にカーソルを置きマウス・ホイールをスクロールさせます。
  • 2Dスクロール・モード - バーの中ほどをAlt+左クリックするか、マウスの真中ボタン(ホイール)を押したまま、縦に動かすとズームし左右に動かすとスクロールします。
  • 範囲選択 - 選択を開始/終了したい点をクリックしマウスをドラッグして範囲を選択します。


プラグイン・クレジット
Code/Graphics: Didier Dambrin
VSTi port: Frederic Vanmol
Many thanks to: Bram(oversampling), Jaha(for showing the wrong path :), Antti, Robert Bristow-Johnson(for making their filters public), and all the ones who designed presets.
Reverb by: Ultrafunk
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|