Sytrus メイン・モジュール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メイン・モジュールには現在のパッチのグローバル設定があります。あまり経験のないユーザにグローバル・フィルターとボリューム・エンベロープを提供し、FMシンセサイザーのプログラミング経験が無くとも、既存のパッチを好みに調整することができます。

マスター・レベル

  • マスター・レベル(VOL) - パッチのマスター・ボリューム・レベルを設定します。
  • マスターLFO(LFO) - マスターLFOのレベルを設定します。このプロパティの範囲は-128から+128で、スライダーを中央に位置させる(またはAlt+clickしてニュートラル値にリセットする)とパッチ内の全部のLFOを効率的に無効にできます。
  • マスター・ピッチ(PITCH) - パッチのマスター・ピッチを設定します。範囲は-2から+2オクターブです。元々のピッチにするには、スライダーを中央にするかAlt+clickします。

グローバル・ボリューム・エンベロープ・レベル

このプロパティでパッチ内の全てのモジュールのボリューム・エンベロープにグローバル・オフセットを規定できます。パッチがADSRボリューム・エンベロープを使っていない場合は効果がありませんので注意してください。
  • アタック(ATT) - アタックの長さ/速さを設定します。
  • ディケイ(DEC) - サスティン・セクションの長さ/速さを設定します。
  • サスティン(SUS) - サスティン・セクションの傾き(ディケイ量)を設定します。
  • リリース(REL) - リリースの長さ/速さを設定します。

グローバル・フィルター・エンベロープ・レベル

このプロパティでパッチ内のカットオフ/レゾナンス・フィルター・エンベロープへのグローバル・オフセットを設定できます。パッチがADSRフィルターを使っていない場合は効果がないので注意してください。
  • アタック(ATT) - アタックの長さ/速さを設定します。
  • ディケイ(DEC) - サスティン・セクションの長さ/速さを設定します。
  • サスティン(SUS) - サスティン・セクションの傾き(ディケイ量)を設定します。
  • リリース(REL) - リリースの長さ/速さを設定します。

ユニゾン・モード

高度にカスタマイズ可能なユニゾン・モードはSytrusの素晴らしい機能で、シンプルなサウンドにでさえ即座に深さとテクスチャーを与えることができます。ユニゾンは、シーケンス中の実際のボイスのたびにユーザーが決めた数の"サブボイス"をトリガーすることで動作します。各サブボイスはパニング、ボリューム、ピッチ、フェイズなどを若干変化させることができ、豊かなステレオ・パノラマをもつソフトなサウンドを生成します。
  • ユニゾン・オーダー(ORD) - ユニゾンのボイスの数をドラッグ・アップ/ダウンして設定します。オフにする(デフォルト)には表示が消えるまでドラッグ・ダウンします。
  • ユニゾン・パニング(PAN) - ユニゾン・ボイスのパニング変化量を設定します。
  • ユニゾン・ボリューム(VL) - ユニゾンボイスのボリュームレベルの変化量を設定します(センターに近いボイスほど音量が大きくなります)。
  • ユニゾン・ピッチ(PT) - ユニゾンボイスのピッチ変化量(デチューン)を設定します。
  • ユニゾン・サブレベル(SB) - ゼロより大きい値を設定すると、各ユニゾン・ボイスに-1オクターブのピッチオフセットしたボイスが作られます。このパラメータはサブレベル・ボイスのボリュームを設定します。
  • ユニゾン・フェーズ(PH) - ユニゾン・ボイスのオシレータ初期位相変化量を設定します。
  • エンベロープ・バリエーション(EV) - 各ユニゾン・ボイスのフィルター・カットオフ、レゾナンスとボリューム・エンベロープのアタックとディケイに加えられる変化量を設定します。

また、ユニゾンは各モジュールのアーティキュレーション・セクションにあるユニゾン・マッピングで完全にプログラム可能です。Sytrusのインターフェースのオプション・ボタンをクリックしてユニゾン・サブメニューをポイントすると、ユニゾン設定のプリセットをロードできます。
Note:ユニゾンは、オーディオ処理によるシミュレーティングFX(エフェクトセクションのコーラス・エフェクト)ではなく、本物のボイスをトリガーすることを覚えておいてください。ユニゾン・モードのSytrusのポリフォニーはユニゾン・ボイスの数だけ倍になります。(サブレベルがゼロ以上だと、さらに各サブボイスの追加コピーが生成される)。注意深く使用しないと多くのCPUを使いますので、ユニゾン・モードの高度な機能を使う必要がないならば、ユニゾン・モードは適度な数のボイスにし、統合されているコーラス・エフェクトを使うようにしてください。

モジュレーション(X/Yコントローラ)

モジュレーション・インターフェースはふたつの調整可能なコントローラ(水平方向と垂直方向)を表わしています。パッチサウンドとパラメータに固有の効果はありませんが、Sytrusモジュールのアーティキュレーション・セクションにあるリアルタイムにコントロール可能なパラメータにリンクできます。
双方のコントローラに値をセットするにはコントローラ・スクリーンの中でドラッグするかXとYのノブの値を調整します。
またX/Yの初期値が各ノート毎にピアノロールから設定できます(ノート・プロパティ・メニューで、ModXとModYの二つの追加エントリーがあります)。
Smoothオプションはリンクしたパラメータとアーティキュレータの素早い変化に対してスムーズな変化が望ましいときは有効にできます。
Mod X/Yのマッピングについてはエンベロープ・エディタを参照してください。

イコライザ(EQ)

Sytrusはパラメトリック・3バンド・イコライザーを備えており、エフェクト・モジュールの信号と出力信号をフィルターできます。
  • スキーム選択(LEDチェックボックス) - シンセのミキシングチェイン上で、イコライザがどのように処理されるかを選択できます。OFFはイコライザを無効にします。OUT+FXはエフェクト・モジュールの信号とメイン出力信号の両方をフィルターします。OUTはメイン出力信号のみをフィルターし、FXはエフェクト・モジュール信号のみをフィルターします。
  • イコライザ・バンド - イコライザは範囲と周波数が調整可能な3つのバンドを持っています。デフォルトでは一番目のバンドはローシェルフ、真ん中のバンドはピーキング、最後のバンドはハイシェルフです。しかし、スライダーの上にあるEQタイプのアイコンを左クリックして、ドラッグアップかダウンすると、各バンドが別の二種類のタイプに変更できます。この3バンドを使えば、ローパス、ハイパス、バンドパス、ピーキング、ノッチ・フィルター、ベース・ブーストなど、基本的は周波数フィルタリングは実現できます。
  • Frequencyノブ - 対応するEQバンドの周波数を調整します(右に回すと周波数が増します)。
  • Rangeノブ - 対応するEQバンドの範囲(幅)を調整します(右に回すとバンド範囲が増します)。広い範囲のバンドほどフィルターされる信号に対してより影響をもちます。

Misc Settings

  • Random - 各モジュールのアーティキュレーション・セクションでランダム・マッピングを有効にします(ランダム・マッピングについてはエンベロープ・エディタを参照)。ランダム・マッピングを使用して正確でない演奏を導入する(例えば生演奏をシミュレートしたり古いアナログシンセの不正確さをシミュレートするなど)ときに小さなプロパティ値を使用すれば、設定を変える必要なくこのオプションでランダム性をなくすことができ"l完璧"な出力を得ることができます。
  • Mono Key - このオプションを有効にするとひとつのキーにつきボイスの数をひとつに制限します(ユニゾンが有効になっているならばユニゾン・ボイスは生成されます)。作成したパッチの種類によってこのオプションをOnかOffにするか適当。例えば、ギターのパッチではON、パッド・シンセのパッチにはOFFにしておきます。
  • Soften - ベロシティがデフォルト以下(MIDIインプット/インポートでは100)のボイスに対してボイスのアタックにソフトニング・フィルターを適用します。ノブを右に回すと効果が増し、完全に左にするとこれを無効にします。
  • Global Pitch - このオプションを有効にすると、オペレータ1のピッチ・アーティキュレーションをグローバルにします。他の全てのオペレータはそれをベースとして、それぞれのピッチ設定をオフセットとします。
  • Center - このスイッチを有効にするとSytrusの最終出力からDCオフセットを取り除きます。もしDCオフセットが存在してサウンドの品質に影響しているときは、これを有効にしなければなりません。
  • ギブス現象の減衰(GIBBS OFF) - このオプションは'ギブス現象'と呼ばれている、出力振幅中の急なトランジション(非連続点)の周りでの低いレベルの発振(リンギング)という、シンセシスにおける望ましくない副作用を抑えます。ギブス現象についてはより詳しくインターネットで知ることができます。他の方法として、ハーモニクス・エディタでこのコマンドのオペレータ毎のバージョンを使うこともできます。Note:ギブス現象の減衰は、2倍かそれ以上のオーバーサンプリングを使っているときには必要ありません。
  • ポルタメント(PORTA) - ピッチ・エンベロープでコントロールされるスライドや'グリッサンド'(ネイティブ・バージョンのSytrusでは通常のピアノロールによるものに加えて)を有効にします。エンベロープに基づいたポルタメントをアクティブにするには、アタック・セグメントのあるピッチ・エンベロープを有効にし、そのエンベロープをグローバル・モード(全オペレータに影響する)のメイン・オペレータにします。この機能に慣れるために、ピッチ・エンベロープで'Porta - basic.fnv'をロードしてピッチ・エンベロープのアタック部分の長さがどのようにポルタメントの長さ/速さをコントロールするか試してみてください(より詳しくはOptions->Portaを参照)。

Quality Settings

クオリティの設定はドラフト(リアルタイム)とレンダリングの二つのセクションに分かれているので、Sytrusをリアルタイムの演奏とレンダリング時の高品質に最適化できます。
  • HQ Envelopes - エンベロープの精度を向上させますがCPU使用が多くなります。ほとんどの場合、デフォルトの設定で十分なのでこのオプションは必要ありません。
  • Oversampling factor - オーバーサンプリングを有効にすると、Systrusのレンダリング・エンジンの精度が向上し、エイリアシングが減少します。パッチの複雑さによりCPUが高品質のリアルタイム演奏ができないならば、レンダリング時のみオーバーサンプリングを使用することを推奨します。Note:オーバーサンプリングはFMフィードバックとフィルターセクションも、若干変化させることがあるので、最終出力にオーバーサンプリングを使用する場合は、事前にリアルタイムでオーバーサンプリングがどのように鳴るか試したほうが良いでしょう。

Info / Comments

このエリアではパッチ名、作者名に加えてパッチ使用上のコメント(X/Yコントローラの使用法や推奨するパッチの使用法など)を追加できます。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル