Sytrus オプションとヘルパーとツール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シンボルをクリックすると以下の機能が開きます。

1.キーボードの表示

プレビュー・キーボードを表示または隠します。

2.ブロック図の表示

Sytrus内部の信号ルーティング図を表示します。GUIをクリックすると通常のSytrusインターフェースに戻ります。

3.情報の表示

Sytrusのバージョンとインフォメーション・スクリーンを表示します。通常のSytrusのインターフェースに戻るにはスクリーンを左クリックします。

4.オプション/プリセット

下記で説明するアイテムのメニューを表示します。

Presets

  • Yamaha DX7 Presets - DX7のSYSEXデータをインポートするためのファイルを開くダイアログを表示します。Sytrusはパッチを読み込みオリジナルのDX7サウンドをエミュレートします。インポートされたDX7プリセットはDX7メニューのサブアイテムとして表示されます。
  • Copy/Paste preset - プリセットをコピー、ペーストします。

Oscillators

  • Copy/Paste oscillator settings - オペレータ間で設定をコピー、ペーストできます。
  • Reset waveform settings - オペレータをデフォルト状態へ戻します。
  • Randomize waveform settings - waveformの設定をランダマイズします。アイデアに詰まったときに使ってください。ルービックキューブをだらだらといじってみるのも同じようにパズルを解いてくれるかも…そして最後には素晴らしいサウンドのパッチになるかもしれません。
  • Morph oscillator 1 to 5 - オシレータ2,3,4をモーフしてスムーズに連続する、エンドポイントにリンクしたwave-form列を作ります。

Effects

  • Unison - ユニゾンは追加的な(デチューンされた)ボイスを生成する処理です。Sytrusはオシレータ毎に最大9のユニゾンボイスを生成できます。このオプションでユニゾンのプリセットをブラウズし選択します。
  • Chorus - FXモジュールのコーラスのプリセットをブラウズします。
  • Reverb - FXモジュールのリバーブのプリセットをブラウズします。

Tone

  • Arpeggio:
 Invert - エンベロープ内のアルペジオの設定を反転させます。
  • Portamento:
 Variable time - ピッチ・エンベロープのアタック・レングスは12セミトーン・スイープの長さを決定します。これはセミトーン毎のグライド時間を計算するために使われ、全ての範囲へ適用されます。言い換えると、一定のセミトーン毎ポルタメントレートが適用されるので、ポルタメントの時間はノート間のインターバルに依存します。そのため'variable time'(可変時間)と呼ばれています。
 Track origin - このオプションはキーボード・マッピングを考慮しポルタメントの'終了'ノートのキーボード・マップのプロパティを'開始'ノートへ適用します。例えば、'終了'ノートが低いフィルター・カットオフ値をもっているとき、Sytrusはこの値を'開始'ノートへ適用します。このオプションがOFFのとき、キーボード・マップ地はC5ノート値へ適用されます。
 No limit - ポルタメントの範囲を制限しません。
 Octave wrap - 1オクターブより広い区間は1オクターブより狭くなるようラップします。C4からE5へのグライドはC5からE5のように演奏されます。
 1 to 4 semitone limit - カット・アウトされる前にスライドがどこまで移動するかを決めます。例えば、4セミトーン・リミットでは(4セミトーンより広い区間が演奏されたとき)、目標のノートへジャンプするまえに4セミトーンだけスライドします。
  • Velocity:
 以下のトグル・スイッチがあります。
 Link velocity to volume - ノートの出力ボリュームをベロシティに基づいてモジュレートします(通常はONです)。
 Link velocity to attack time - ボリューム・エンベロープのアタック・タイムをベロシティに基づいてモジュレートします。
 Link velocity to attack length - ボリューム・エンベロープのアタック・レングスをベロシティに基づいてモジュレートします。
 Link velocity to release length - ボリューム・エンベロープのリリース・レングスをベロシティに基づいてモジュレートします。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|