SynthMaker


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SynthMakerはバーチャル・インスツルメンツやエフェクトを基礎的なコードを書く必要なく作成することができるオーディオ・プログラミング・アプリケーションです。SynthMakerで作成したインスツルメンツやエフェクトはFL Studioで'ネイティブ'プラグインとして使用でき、他のSynthMakerユーザとも共有できます。

SynthMakerの使用方法


SynthMakerはそれ自体で完結したオーディオ・プラグイン作成ツールでありこのマニュアルの範囲を超えています。'ヘルプ?'セクションの下にあるリンクでSynthMakerのウェブサイトから直接.pdfのマニュアルをダウンロードできます。FL StudioバージョンのSynthMakerはコマーシャルバージョンとは違い、SynthMakerの創作物をVSTにコンパイルすることはできません。SynthMakerはFL Studioにプラグイン・インスツルメンツとして扱われるのでプロジェクトと一緒にsave/openされます。SynthMakerのプロジェクトファイルは他のFL StudioかSynthMakerのユーザーと共有できますが、VSTインスツルメンツをコンパイルしたいならばコマーシャルバージョンを購入する必要があります。


  • SynthMakerをロードする - SynthMakerのインスツルメンツとエフェクトは'.osm'の拡張子を持っています。インスツルメンツやエフェクトを開くには.osmファイルをブラウザーからチャンネルへドラッグするだけです。
  • ラッパー・メニュー - SynthMakerのワークスペースはFruity Wrapperによってホストされています。
  • パネルを表示 - 'Show panel'スイッチをクリックするとワークスペースを隠しプラグインのインターフェースのみを表示します。これはFL SynthMakerプラグインを使用するときの通常のモードです。ワークスペース・ビューに戻るにはもう一度クリックします。
  • ダウンローダー - ここをクリックするとダウンロード・マネージャーを開き、Image-Lineのサーバーにあるインスツルメンツとエフェクトへアクセスできます。

ヘルプ?

SynthMakerは複雑なプログラムなのでそれ自身のヘルプがあります。SynthMakerのウェブサイトからダウンロードしてください。


このガイドはPDFフォーマットです。Adobe Readerの最新版はここからダウンロードできます。


プラグイン・クレジット
SynthMaker Website
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|