Edison イコライズ・ツール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イコライズ・ツールはユーザーが定義したEQカーブに従って周波数をブーストまたはカットします。下の例はホワイト・ノイズのサンプルに対するEQカーブの効果を示しています。周波数は横で示され時間は縦軸で示されます(サンプルの開始が上辺、終了が下辺)。色の輝度/彩度が周波数の音の大きさを表わしています。


イコライズ・ツールの開き方

イコライズ・ツールを開くにはEQツール・ボタンを左クリックするか、Edison内でCtrl+Eを押すか、Tools > Spectral > EQオプションを使用します。

オプション

エンベロープの編集 - ポイントを追加するにはエンベロープ編集ウィンドウで右クリックします。ポイントとテンションマーカーの移動には左クリックを使います。ポイントを右クリックするとコンテキスト・メニューを開きポイントの削除やカーブ・タイプの変更ができます。デフォルトである中央のラインは'変更なし'の設定です。ブースト/カットの値はノードとテンションハンドルを移動したとときにFL Studioのヒント・バーに表示されます。
時間は縦軸で表され周波数は横軸で表されています。
  • Freq scale - EQ編集をより精密に行うため周波数スケールをズームします。
  • Mix - ドライとウェット信号のレベルを調整します。
  • Smooth - 'リンギング'のような望まれない副作用を減らすためにEQエンベロープを滑らかにします。
  • Phases - エンベロープがサンプルの位相を変更できるようにします。スケールの上辺が180度、下辺が-180度です。
  • Reset - EQエンベロープをデフォルト状態へリセットします。
  • Accept - EQカーブをサンプルへ適用します。

アクション・ボタン

  • Reset - デフォルト設定に戻します。
  • Accept - 処理を実行し選択範囲へ貼り付け(置き換え)ます。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|