Edison ドラム・ツール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Edisonドラム・ツールはDrum(loop) stretcherとPaste replace drumのダイアログで現れます。このツールの目的はスライス処理によって突然短くカットされてしまうことがよくあるドラムビートのディケイ部分を復元することです。ドラム・ツールはドラム・ループ(または選択範囲のビート)内の各リージョンのアタックとディケイ部を検出した後、より自然に聞こえるディケイを復元するように動作します。元々の素材に合うようにディケイ部分を細かく調整できるオプションが提供されています。


ドラム・ツールの開き方

開き方:Tools > Time > Drum(loop) stretch( Ctrl+T)を選択します。またこのツールは範囲選択をした後の編集メニューにPaste replace (drum) ( Shift+T)として表示されます。

Time

  • Pitch coarse - ベース・ピッチをセミトーン単位で変更します。
  • fine - ベース・ピッチをセント単位で変更します。
  • mul - ピッチ範囲の倍率
  • Time mul - サンプルの持続時間を%単位で変更します。'ストレッチ'モードではこの値は自動的に計算されます。
  • length(ms) - サンプルの持続時間をミリ秒(ms)単位の長さで決めます。'ストレッチ'モードではこの値は自動的に計算されます。
  • tempo - ストレッチされるサンプルのテンポを決めます。このオプションを表示するには元のループにテンポ情報が埋め込まれている必要があります。
  • Insert tails - ドラム・ビーツから失われた後部を復元してギャップを埋めます。

Filling

  • Method - ギャップを埋める方法
  None - スライス(ビート)全体がストレッチされます。
  Echo grains - グラニュラーに基づいたストレッチ方法です。波形のサイクルがスライスされ(グライン)、リピートされます。
  Stretch - タイム・ストレッチ(一定ピッチ)されます。
  • Blur - 後部をスムースにするためにコンボリューション・ブラー機能が使われます。
  • Random presence - テイルのぼかし(blurring)により多くのステレオランダム性を加えます。

Tail envelope

  • Method - ディケイの方法
  None - ビート全体がストレッチされます。
  Smooth fade - アタックのトランジェントを検出し、ここには手をつけないままにします。テイルをギャップの復元に使いアタックのトランジェントと滑らかに混ぜ合わせます。この方法を使うと、元のドラム音は変更されます。
  Append - 'Smooth fade'オプションと同じ処理を使いますが、復元されたテイルが追加されます。元のサウンドと復元されたテイルの間のトランジェントはより明確になりますが、元のドラムにはほとんどそのまま手を付けないことになります。
  • Transient - トランジェント検出係数です。ドラム・ツールのエンジンはこの係数を利用してスライスのどの箇所がビートのアタック部分であるか検出します。
  • Tail slope - 復元されたテイルの傾きです。
  • smoothing - 復元されたテイルの傾きのスムージング係数です。

Action buttons

  • Reset - デフォルト設定に戻します。
  • Accept - 処理を実行し元々の選択範囲に貼り付け/置き換えます。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|