Edison タイム・ストレッチ ピッチ・シフト・ツール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイムストレッチ/ピッチシフトツールではサンプルのデュレーション、ピッチ、フォルマントをそれぞれ別々に独立して変化させることができます。Edisonやサンプラー・チャンネル、スライサー・ツールなどはelastique Pro, zplaneアルゴリズムを使用しており、プロフェッショナル・プロダクションや放送用途の水準を満たした高度なタイム・ストレッチ/ピッチ・シフトを提供します。


タイム・ストレッチ/ピッチ・シフト・ツールの開き方

このツールを開くにはタイム・ツール・ボタンを左クリックするか、Edison内でAlt+Tを押すかTools > Time > Time stretch / Pitch shiftオプションを使います。ペースト・ストレッチのダイアログを開くには、Ctrl+Alt+Vを押すか、Tools > Edit > Paste stretchオプションを使います。ペースト・ストレッチのダイアログはサンプルの選択範囲をカットまたはコピーした後でのみ利用できます。

オプション

  • Pitch coarse - ベース・ピッチをセミトーン単位で変更します。
  • fine - ベース・ピッチをセント単位で変更します。
  • mul - ピッチ範囲の倍率(%単位)
  • Time mul - サンプルの持続時間を%単位で変更します。'ペースト・ストレッチ'モードではこの値は自動的に計算されます。
  • Length(ms) - サンプルの持続時間をミリ秒(ms)単位で指定した長さに変更します。'ペースト・ストレッチ'モードではこの値は自動的に計算されます。
  • Method - ピッチシフト/ピッチ保持の方法を以下から選択します。Note:このうちのいくつかの方法は'Formant preservation'の設定を無効にするか自動的に調整します。この影響をうける設定値はコントラストが低く表示され設定値を調整しても効果がありません。
  Resample - ピッチを変えるためにサンプルの長さを変化させる標準的なピッチ・シフトです。
  Pro default - 幅広い種類の入力信号に対して動作するように設計された'デフォルト'モードです。この'デフォルト'モードで望みの結果がうまく得られなかったときのみ他の方法を試してください。
  Pro transient - ある種のサウンドではトランジェントが全体のサウンドにとって決定的に重要です(例えばパーカッションなど)。このモードでは入力信号のトランジェントを保持するように試みます。
  Transient - これは低CPU使用率でトランジェントを保持するストレッチ方法で、erastique タイム・ストレッチのデフォルトモードに相当します。これは上の'Pro transient'モードの代替として提供されています。
  Tonal - (ピッチのある)トーナル部分に注目し入力信号に対して高品質な結果を提供します。
  Monophonic - これはモノフォニックの入力信号(ボーカルやソロ楽器など)に特化しておりこのタイプの信号に対しては最高の結果が得られます。トーナルの品質はフォルマント・プリザベーション(フォルマントについては下のセクションを参照)によって達成されています。
  Speech - このモードはスピーチに対して最適化されています(歌声には'Monophonic'モードを使用してください)。
  • Insert - このスイッチがONだとエフェクトをかけた後のオーディオは挿入され、OFFだと元のサンプルにミックスされます。

フォルマント・プリザベーション

'Formant preservation'セクションの使い方 - 手動でサウンドの自然な調子(tonal quality)を保持するためには、'Pro Default'方法を選択しFactor crs設定を上の'Options'セクションにあるPitch coarseと同じ値に設定します。例えば、'Options'のPitch coarseが+5であればFormantセクションのFactor crsを+5に設定します。
フォルマントとは楽器のレゾナンスや振動の基本周波数によってスペクトラム中に生じるピークです。トランペット、ギター、バイオリン、ドラムそして人間の声などは全てフォルマントを持っています。人間の声というのはフォルマント・プリザベーションの重要性を示す素晴らしい事例で、私たちはボーカルのフォルマントに対して特に敏感なのです。口腔、鼻腔、咽喉からのボイスステム(voice stem)の共振はボーカリストの体格、年齢、性別などの情報を伝達します。通常、ボーカルコードのピッチが上がるか下がるかによってフォルマントは大きく変化しますが、ピーク周波数は相対的に固定されたままになります。録音したボーカルを'伝統的な'ピッチ・シフトすることの問題は、フォルマントがピッチとともにトランスポーズ(それ自体不自然な現象です)するか期待される範囲の外で落ち込んでしまうことです。'chipmunk'エフェクトはフォルマントが高くシフトされすぎた典型的な例です。フォルマント・プリザベーションのアルゴリズムは元のサウンド内のフォルマントのピッチを検出し、ピッチシフトされたサウンドに対して同じ周波数レゾナンスを適用することで声や楽器の'自然な'クオリティを保持するように働きます。Edisonのフォルマント・コントロールには以下のものがあります。
  • Factor crs - フォルマントのベース・ピッチをセミトーン単位で移動します。
  • Fine - フォルマントのベース・ピッチをセント単位で変更します。
  • Mul - フォルマントピッチ範囲の倍率で%単位です。
  • Order - デフォルト設定がほとんどの素材に対して動作します。入力するオーディオが高いピッチであればOrderは低く、入力するオーディオが低いピッチであればこの値を上げます。
  • Copy from pitch - 上の'Options'セクションからピッチの値をコピーします。望みのピッチシフトを'Options'セクションで設定した後でこれを選択すれば、フォルマントは自動的に保持されるはずです。
Note:もしこれらのコントロールが通常のものより低コントラスト(灰色で表示されている)ならば、それは'Options'セクションで選択したピッチ・シフト/タイムストレッチ法ではそのコントロールは無効であることを意味しています。

アクション・ボタン

  • Reset - デフォルト設定に戻します。
  • Accept - 処理を実行し選択範囲に貼り付け(置き換え)ます。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|