Edison チューン・ループ・ツール

Edisonのループ・チューナーはループからクリック、ポップやビーティング・サウンドを取り除くことができます。ループ・チューナーは自動的にループを見つけ出すツールではありません。選択がすでにされているループをスムージングすることを意図しています。ループにスムージング処理を適応するため自動的にループ開始ポイントを移動させることがありますので注意してください。ループ開始ポイントを保持するには、CrossfadeとSnapを最小に設定してください。


ループ・チューナー・ツールの開き方

このツールを開くには、チューン・ループ・ボタンを左クリックするか、Edison内でCtrl+Lを押すか、Tools > Regions > Tune loopオプションを使用します。

Options

  • Crossfade - クロスフェードの量を変更します。サンプル・ループの終わりがループ開始前の領域とクロスフェード(ブレンド)し、ループの終わりがループの開始に滑らかに混ざります。このためCrossfade値を変えるとループ開始ポイントは自動的に調整されます。ループ開始前のサンプルデータをループに取り込む量を多くしたり少なくしたりするためです。
  • Snap - CrossfadeとSmearの処理はサンプルから検出したピッチ(サンプルセッティングで設定します。Edison内でF2を押してください)を利用します。位相キャンセルを最小にするため、Smearエコーはピッチピリオドにスナップされます。Snap設定はSmearツールが働くピッチピリオドの倍数を変更します(タイトルバーに示される)
  • Smear order - 波形の複数の'エコー'を互いに汚す(smear)ことで動作する'スムージング/ブラー'ツールです。このパラメータ値を大きくするとエコー間のスペース(ディレイ・タップ)がより近くなります。サスティン・サウンド(パッドやストリングなど)に対して最も良く動作し、質の悪いループで聞こえることがある'ビーティング'サウンドを小さくするために設計されています。
  • Scale - 'テンション'パラメータと似ています。smear機能のピークをコントロールします。大きい値にするとブラー境界(blur boundaries)でより急なカットオフを生成します。
  • Amp - ループのアンプリチュード(ボリューム)を変更します。
  • Accept - ループに変更を適用します。

ループ・チューナーの使い方

このツールを開いたとき選択されていた領域または連続再生しているループにたいして、上のオプションを使ってループを処理できます。あなたを教化するために技術的な説明をしましたが、実験と'耳を使って設定'することがこのツールを使う最良の方法です(良い音がしたならば、それで良いのです)。

ループの選択 - ループ・チューナーはツールを開いたときに選択されていたループかアクティブな領域に対して動作します。選択範囲がないときはサンプル全体が使われます。
ループ開始ポイント - ループにスムージング処理を適応するため自動的にループ開始ポイントを移動させることがありますので注意してください。ループ開始ポイントを保持するには、CrossfadeとSnapを最小に設定してください。
設定 - ループ・チューナーは最後に使われた設定を記憶するので次回開いたときにまた適用できます。

アクション・ボタン

  • Accept - 処理を実行し選択範囲に貼り付け(置き換え)ます。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|