Autogun


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Autogunは発見されるのを待っている音の宇宙のようなものです。OgunのシンセサイザーエンジンとSoundgoodizerエフェクトプロセスを内蔵したAutogunは4294967296個(四十二億九千四百九十六万七千二百九十六個)のプリセットを持っています。こんな数、きみ(man)は聞いたことある?(え?きみは女性?少女?早く電話番号を教えなさい!)

Options & Controls

  • Preset selectors - ここで4294967296個のプリセットを探索できます。さあクリックしてみましょう!
  • Volume - 0%~200%。That's '20' on the electric guitar amp scale, 9 better than 11.
  • Magic dust - Soundgoodizerエフェクトを0%~100%で調節できます。
  • Options:
    • Enter preset number - 開けることによってコピー・ペーストまたは直接数字を入力できます。このプリセットはそれぞれまったくの別の音が設定されていて、1~4294967296の数字が割り当てられています。同じシンセサイザーエンジンを持っているOgunとの間でこのプリセットナンバーは共通です。なんで全部試さないのかって?そりゃ1つ1秒で聴いていったとして、24時間毎日続けても136年以上かかるんだぜ・・・
    • Processing quality - 補間レベルをセットします。一連の出力クオリティオプションの中から選びます。
    • About - About画面を出します。
    • Visit our website - www.image-line.comに飛びます。

Maximizing Performance

AutogunのCPU負荷は基本的に低めですが、不規則なCPUの使い方をするため、リアルタイム再生のとき平均CPU負荷は低いにもかかわらず音飛びが発生するという現象が起こる可能性があります。この不規則性は倍音列生成におけるFFT処理が時々重くなるところから来ています。Autogunは一般に高めの'richness'設定値を使いますが(OgunのSynthesis Controlsのページを参照のこと)、一部のパッチは少し低めになっています(CPU負荷も若干低くなります)もし問題を起こすパッチがあったら、最善の策はバッファレイテンシを上げることです。でなければ、涙を拭いて別のを探しましょう。なにしろ他に40億も選択肢があるんですから:)


Plugin Credits
Code & GUI: Didier Dambrin.
VSTi Port: Reflex.
Presets: Ginsu, The Enforcer, William P, donatello.
Inspired by: PADsynth by Nasca Octavian Paul.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル