PoiZone マスターコントロール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 マスターコントロール

 
マスターコントロールの項目では、以下のようにグローバルコントロールを提供しています
 
マスターディスプレイ
 
  • The Display:3つのサブディスプレイがあります 
  • Program Name:この部分のリストをクリックしてプリセットを閲覧してください。右側の<>をクリックしなくて済みます。
  • Last tweaked parameter:最後に調整されたパラメータを表示しています。パラメータ:ラベル[割り当てのCC番号]。 [N/A]はCCが割り当てられていることを意味します。PoiZoneを初めて起動したときに、値がない(--- ---- ---)ことがあるでしょう。これはどのCC(コントロールチェンジ)も変更されていないことを意味します。これはすぐにあなたが何かに値の更新を調整すれば消えます。CC(このうち連続的に値が変化するもの)のデータはMIDIデータとして、ハードウェア/ソフトウェアのコントローラとPoizone間の通信に使用されています。128の異なる連続コントローラは、0から127の間の値を送信することができます。 CCは、一般的なMIDIの制御量(#7)パン(#10)データスライダーの位置(#6)モジュレーションホイール(#1)、または他のユーザーに割り当てられたパラメータのようなものに使用されています。
  • Last CC number and value:受信される最後のCC番号と値を表示します。
  • OPTIONS:オプションは次のとおりです 
  • Import CC Map:すべてのCCへのリンクを保存されたFXPから取り込みます。これはあなたのホストから保存されたFXPからMIDI Learnを読み込むために使用されます。
  • Import gate pattern:保存されたFXP形式のゲートパターンデータを取り込む
  • Save Bank(.FXB):バンクのファイルにすべてのパッチをFXB形式で保存。
  • Save Program(.FXP):FXP形式で現在のパッチを保存します。
  • Laod Program/Bank from HD:ポップアップを読み込むことができるので、FXBまたはFXPのファイルのいずれも読み込める。注:読み込みするバンク(.FXB)は、現在のバンクにすべての256のプログラムが上書きされます。
  • Clear All CC Links:すべてのCCからのすべてのパラメータ設定をクリア
  • Initialize Program:PoiZoneのデフォルトの開始条件を再設定 パッチの作者にとって便利になるため。
  • LINK:最後に調整されたCCをMIDIパラメータに設定します。
  • UNLINK:リンクを解除
 
PoiZoneのMIDI Learn機能
 
あなたがCCをPoiZoneに送ったとき、CCの番号と値を更新します。微調整は、任意のパラメータに(2番目のディスプレイを更新する)、任意のCCを(3番目のディスプレイの更新)を送信するリンクボタンを押して、最後につままれたパラメータにリンクされて送信されます。またリンク解除は、最後に調整されたパラメータが、任意のCCがにリンクされていないようにしたい時に押してください([N/A]と表示されます)
 
ボイスコントロール
 
  • UNISON:1から4までのユニゾンの数を指定します。 1はユニゾンなし。 ユニゾンは、デチューンしてパンを振ることで厚い音を生成するので、コーラスに似ています。
  • POLY:現在のパッチで再生される音の数。 1から32まで使えます。低い値は、モノラルアナログシンセをエミュレートする場合に選択しましょう。
  • UNISON DETUNE:ひとつひとつの音の相対的な離調(デチューンの量)高いレベルは、よりノイジーな音を生成します。
  • UNISON PAN:ユニゾンのパンによるステレオ効果。高いレベルは広いステレオ効果をを生みます。
  • OCT:ユニゾンの声が1オクターブずらされる。これは、狭く設定したバンドパスフィルタが適用される場合、ユニゾンをオンに、OCTで2に設定して、人間の声のようなパッチを作成できます。
  • MONO:モノラル再生モードを設定します。
  • HELD:オフ→すべてのノートに対してスライド(レガート)します。オン→重複しているノートのみスライドします。
  • STATIC:オン→全てのノートのスライドする時間がジャンプサイズから独立しているので、可変レートでスライドします。
  • GLIDE TIME:音符の間のスライド時間
  • TRANSP:コントロール半音単位で全体のピッチを調整。
  • MICRO TUNE:コントロールセントの全体のピッチ。範囲は、デフォルトの0から-100~+100セントの間です。
  • GAIN:PoiZoneの最終的な出力レベルを設定します。

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|