Fruity WaveShaper


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fruity Wave Shaperはウェーブ・ディストーション・エフェクトであり、柔軟なスプライン関数ベースのグラフを使って入力(横軸)を出力(縦軸)へ写像します。

エフェクト・パラメータ

  • Unipolar/Bipolar Switch - ユニポーラ・モードを選択すると、グラフの下辺が0dB入力に対応し、上辺が最大値に対応します。バイポーラ・モードでは入力サンプルのDCを中心に上下の正確な位置をみるようになり、中央がDC(0dB)に対応し、上下はその方向に応じたオフセットに対応します。
  • Pre - 入力信号をプリアンプします(ボリューム)。
  • Mix - 最終出力に元々の入力信号と処理後の信号をミックスすることができます。右に回すほど処理後の信号が増えます。
  • Post - サウンドをポストアンプします(ボリューム)。
  • Oversample - 入力を指定したファクター分オーバーサンプルし、ディストーションを適用したあとでダウンサンプルします。オーバーサンプリングはエイリアシングがでてしまう場合にそれを避けるのに役立ちます。
  • Center - ONにすると最終出力からDCオフセットを除去します。

スプライン編集

スプライン編集パラメータ

  • Freeze - このスイッチを有効にすると写像カーブを現在の構成に固定します。この機能はカーブ形状の編集を終えたあとで、不本意に編集してしまうのを防止するのに役立ちます。また、ハンドルを隠して形状が良く見えるようにします。
  • Step - このオプションを有効にするとエディターがステップ編集モードになります。エディター内でドラッグすると時間軸のステップ毎に新しいコントロール・ポイントが次々に定義され"フリー・ハンド"でカーブを作成できます。"パルス"ライン(縦横に真っ直ぐな線)を描くにはSHIFTキーを押したままドラッグします。この方法で作られる新しいセグメントには、一つ前に作業したテンションの設定がそのまま使われることに注意してください。
  • Snap - ドラッグ中にコントロール・ポイントを直近のステップにスナップさせたい場合にこのオプションを有効にします。

カーブの編集

  • 新しいコントロール・ポイントの追加 - ポイント追加カーソル()が現れる所までカーソルを持って行きます。右クリックすると新しいポイントが追加されます。
  • コントロール・ポイントの再配置 - 左ボタンでコントロール・ポイントをドラッグできます。SHIFTを押したままドラッグすると縦方向の位置が固定されて横方向にだけ動きます。CTRLを押したままにすると横方向の位置が固定されて縦方向だけに動きます。
  • コントロール・ポイントの削除 - コントロール・ポイントを右クリックしてDeleteを選択します。またはALTを押したまま左クリックします。
  • セグメント・タイプの変更 - WaveShaperにはスプライン・セグメントのタイプが3種類あります。コントロール・ポイントを右クリックすると3つのスプライン・タイプのオプションが表示されます。影響を受けるセグメントはコントロール・ポイントの前(左側)のセグメントです。Single Curve - 標準のモードで、テンションによって、線形、ゆっくり入る、ゆっくり出るカーブを作ることができます。Double Curve - テンションによって、線形、ゆっくり入って出る、ゆっくり出て入るカーブを作れます。Hold - ホールドまたはパルス・カーブとなり、エンベロープに唐突な値の変化を作るのに使えます。(訳注:このほかに、Stairs、Smooth Stairsが追加されて全部で5種類になっています。Stairsは直線で階段状になります。Smooth Stairsでは階段状の曲線が作れます。)
  • セグメント・テンションの変更(アクセラレーション) - 各スプラインのテンション・ハンドルを上下にドラッグするとスプラインの外観が変わります。このハンドルを右クリックするとリセットして直線になります。細かく調整するにはCTRLを押したままドラッグします。


プラグイン・クレジット: Didier Dambrin
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|