Fruity Flangus


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fruity Flangusはミックス・トラックのステレオ・パノラマを豊かにし、さらに複雑なフランジ・エフェクトを加え、制御可能な"積み重ねた"フランジャーによってユニゾン・モード・シンセシスをシミュレートします。
別のフランジング・エフェクトを試してみたいなら、FL StudioにはFruity Flangerという別のプラグインもあります。

パラメータ

  • Order(ORD) - エフェクトに使われる"積み重ねた"フランジャーの数を設定します。多くのフランジャーを使うほどエフェクトは滑らかで豊かになります。
  • Depth(DEPTH) - "フランジの深さ"(積み重ねた各フランジャーのピッチ・オシレーションの振幅)を制御します。
  • Speed(SPD) - フランジ・スピード(ピッチ・オシレーションのスピード)をコントロールします。
  • Delay(DEL) - 積み重ねた各フランジャーには異なる量の遅延を適用されます。適用される遅延の全体量を決定するためにこのパラメータを使います。
  • Spread(SPRD) - 各フランジャーには異なるスピードや深さなどが決めたパラメータの範囲内で割り当てられますが、その範囲がこのプロパティで決定されます。SPRDを増やすと積み重ねたフランジャーのパラメータ範囲全体に渡る広がり方が滑らかになります。
  • Stereo Cross(CROSS) - このパラメータで出力の左右チャンネル間でステレオ・クロス・ミックスを適用します。このパラメータの値を増やすと、左チャンネルの音を右チャンネルにより多くミックスさせ、また右から左へも同様により多くミックスされます。-100から100の範囲があります。負の値にすると反対側のチャンネルには反転した音をミックスします。
  • Dry - 出力に含まれるドライ(処理されていない)音を決めます。範囲は-100から100です。負の値にすると出力には反転した信号をミックスします。
  • Wet - 出力に含まれるウェット('フランジされた')音を決めます。範囲は-100から100です。負の数にすると出力には反転した信号をミックスします。


プラグイン・クレジット: Didier Dambrin
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル