Fruity Delay 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fruity Delay 2はFruity DelayVSTプラグインを向上させたバージョンで、洗練されたコントロールと、ステレオ・オフセットや入力信号のパニング・コントロールなど機能が追加されています。

パラメータ

インプット・セクション

入力信号のボリュームとパニングを調整することができます。
  • Panning wheel(PAN) - 入力信号のパニングを設定します。
  • Volume wheel(VOL) - 入力信号のボリュームを設定します。

フィードバック・セクション

エコー・フィードバックのオプションを設定します。
  • Normal/Inverted/PingPong - Normalは入力信号と同じステレオ・データを保ちます。Invertedはフィードバックで左右のチャンネルを入れ替えます(入力が右にパンされていた場合、フィードバックは左にパンされます)。Ping PongはInvertedのように働きますが、各エコーが生成されるたびに繰り返し左右のチャンネルが入れ替わります(このようにして"ピンポン"エフェクトを作ります)。
  • Volume wheel(VOL) - フィードバックのボリュームを設定します。最大に設定するとフィードバックがフェードアウトしなくなり、最小に設定する(左に最大回す)とフィードバックがなくなります。
  • Cutoff wheel(CUT) - フィードバックのカットオフ周波数を設定します。この機能を使うとエコーがフェードアウトしていくにつれて滑らかに消えていくのでより自然な効果を作ることができます。

タイム・セクション

ここにはディレイ・エフェクトの時間設定があります。
  • Time wheel(TIME) - 信号の遅延時間を設定します(フィードバックのエコー間の時間量)。この設定はテンポに基づきます。この時間をちょうどステップの倍数に設定したいときはホイールを右クリックして、表示されるポップアップ・メニューの'Set'サブ・メニューから選択します。
  • Stereo Offset wheel(OFS) - 左右のオーディオ・チャンネルに時間オフセットを設定し、ディレイ・エフェクトのステレオ・パノラマを豊かにできます。左チャンネルを遅らせるにはホイールを左に回します。右チャンネルを遅らせるにはホイールを右に回します。チャンネル間の時間オフセットを取り除くにはホイールをリセット(ホイールを右クリックしてResetコマンドを選択)します。

ドライ・セクション

VOLホイールで、"ドライ"(処理されない)信号を"ウェット"(エフェクターで処理された)信号にミックスする量を設定します。
Fruity Delay 2をセンド・トラックで使いたい場合は、ドライのボリュームを0(ホイールを左に最大回す)に設定することをお勧めします。


プラグイン・クレジット: Didier Dambrin
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル