Fruity Parametric EQ 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fruity Parametric EQ 2はスペクトル分析付きアドバンスド 7-バンド・パラメトリック・イコライザー・プラグインです。各バンドのバンド・タイプ、周波数、バンド幅は完全に調整可能です。各バンド独立に、ハイシェルフ、ローシェルフ、ピーキング、バンドパス、ノッチ、ローパス、ハイパス・フィルターから選択できます。また、全体のボリュームを調整するグローバル・ゲイン(メイン・レベル)スライダーがあります。
精密なEQコントロールが必要な場所ではどこでもParametric EQ2を使ってください。代わりになるものとして、画面のスペースが狭いならFruity Parametric EQ、グラフィックEQにはEQUOを試してみてください。Note:より精密なEQコントロールが必要ならEdisonのオフラインEqualize Toolが、全EQプラグイン中最高の精度を提供します。

パラメータ

1.バンド・タイプとフィルター・スロープの選択 - 画面右上では各バンドごとに異なるシェイプ(バンド・タイプ)とその下にある点(ドット)でフィルター・スロープを表現しています。 バンド・タイプ:左クリックしてドラッグ・アップ/ダウンするとフィルター・タイプを変更します。バンド・タイプは無効、ローパス、バンドパス、ハイパス、ノッチ、ローシェルフ、ピーキング、ハイシェルフが選択できます。フィルター・スロープ:各バンドのシェイプの下にある点を左クリックしてマウスを上下に動かしてフィルター・スロープを選択します。下に動かすとスティープ(急峻)4,6,8となり上に動かすとジェントル(なだらか)4,6,8となります(スティープ・フィルターはより正確なEQアイソレーションになります)。Note:バンド・トークンを右クリックするとフィルターとスロープ・タイプを選択するメニューが表示されます。
2.EQ スライダー - スライダーを上下させてイコライゼーションのレベルを調整します。ローパス、バンドパス、ハイパス、ノッチ・フィルターではこのパラメータを使用しないことに注意してください(ですのでその場合はスライダーが無効になります)。
3.周波数/バンド幅 - EQバンドの中心周波数とバンド幅を制御します。
4.バンド・トークン - この七つのトークンによってほとんどのコントロールが可能です。
 バンド幅 - 1.Shiftを押しながらクリックしてマウスを左右に動かします。2.マウス・ホイールでクリックして同じようにします。または、3.トークンの上でマウス・ホイールをスクロールさせます。
 バンドのリセット -Altを押しながらクリックするとリセットします。
 ファイン調整 - Ctrlを押しながらクリックすると細かく調整できます(これは全てのノブとスライダーで同じです)
 メイン・レベル - バンドの外側(カーソルがポインターから十字に変わります)を左クリックしてメイン・レベルを調整できます。
 フィルター・タイプとオーダー - トークンを右クリックしてフィルター・タイプとフィルター・オーダーのメニューを開きます。
5.オプションと設定 - 左から右の順に説明します。
 オプション:
  High precision monitor - レイテンシーを犠牲にしてバックグラウンドの周波数スペクトルモニターの解像度を増します(スペクトルモニターの表示が遅れるのみで、プラグインの出力自体には影響しません)
  about - バージョンの詳細とクレジットを表示します。
 HQ - オーバーサンプリングしてオーディオの品質を向上させます。特に15KHz以上の領域で向上しますが、CPU使用率が犠牲になります。
 View band tokens - トークンをON/OFFします。
 Monitor - スペクトルモニターをON/OFFするかもしくはプラグインの出力信号のスペクトルを表示するかを設定します。
 Compare - 下向きの矢印をクリックすると現在のEQ設定を予備のバンクに保存します。上向き/下向きの矢印をクリックすると、保存したバンクとメインのバンクを切り替えます。予備のバンクのパラメータをいじるとそれがまたメインのバンクになります。この機能はEQ設定を比較するために使います。プリセットにはメインのバンクとともに比較対象のバンクも保存されますのでプリセットを作る際には注意してください。

Notes

バンドを無効にする - フィルター・タイプが'off'にセットされた、または、増幅のないピーキング/シェルフバンドはCPUリソースを使いません
もっとバンドが必要? - EQのチャンネルを多くするためにはミキサー・トラックへ一個以上のParametric EQ 2を積み重ねることができます。2個あれば14バンドのParametric EQになります!


プラグイン・クレジット
Code & GUI: Didier Dambrin
Thanks to: Robert Bristow-Johnson for his EQ Cookbook
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル