Wave Traveller

Wave Travellerは精密なレコード・スクラッチ・シミュレータであり、サンプル・プレイバック・マニピュレータです。
Fruity Scratcherプラグインのように仮想的なターンテーブルをリアルタイムに操作するのではなく、このプラグインは各ノート毎にスクラッチ"フレーズ"を割り当て、特別なスプラインの"パス"を描き、細かく調整します。ジェネレータはそのパスに沿ってエフェクトをrecreateします。
スプラインの形状、波形の範囲とスピードは完全に自由に設定できます。

1.プレビューパネル
2.パッチセレクター
3.キーボードビューのスクロール
4.パス設定パネル
5.ミュート設定エリア
Note:ピアノキーボードには右クリックメニューがあります。

使い方

スクラッチするサンプルを選択

ウィンドウの左上にあるBrowse Sampleボタンをクリックして使用するサンプルを選択します。

編集するパッチを選択

各ノートにはその設定とスクラッチ・フレーズを別々のパッチで持っています。編集するパッチを選択するには、パッチセレクター(2)をクリックするかプレビューキーボードで該当するキーをクリックします。キーが表示されていないときはキーボードビュースクロールボタン(3)でキーボードの異なるオクターブを表示させます。

パッチのフレーズを定義する

フレーズはスクラッチに使用するために選択されたアクティブな領域とスピード、パススプラインによります。また、各パッチでアタック(フェードイン)とリリース(キーリリース後のフェードアウト)を設定できます。
アクティブ領域なはプレビューパネル(1)の右下と左下にあるStartとEndホイールで定義します。
SpeedホイールとT-Aスイッチはフレーズのスピード(これは本物のレコードのようにピッチに影響します)を決めます。これらは下記のパラメータセクションでさらに説明します。
パススプラインはパス設定パネル(5)で設定します。これは基本的に、時間の進むにつれて行ったり来たりサンプル上を移動する道筋を決めるスプラインです。つまり、横方向は時間を表わしており、縦方向は波形内の位置を表わしています(StartとEndで決められた領域内だけで)。使用される領域がパネルの右側に縦方向で表示されます。パススプラインそれ自体は基本的なスプラインを互いに接続した集合です。このパネルをどのように操作するかは下記のパラメータセクションを参照してください。
NOTE: 同じパネルでボリュームを時間変化させるスプラインやフレーズの特定の箇所をミュートさせることもできます。詳しくは下記のパラメータセクションを参照してください。

パッチを再生する

パッチを再生するには単純にピアノロールかステップシーケンサーでパッチがアサインされているノートをトリガーします。

パラメータ

プレビューパネル

プレビューパネルは波形全体と、StartとEndホイールで決められた範囲、その中のパススプラインを表示します。

設定パネル

  • Start - このホイールは設定パネルの左上にあり、現在のパッチで使用する領域のスタートポイントを決めます。
  • End - このホイールは設定パネルの右上にあり、現在のパッチで使用する領域のエンドポイントを決めます。
  • パッチセレクター(2) - パッチセレクターをクリックするとこのジェネレータで利用可能なパッチのリストが表示されます(各ノートがそれぞれひとつずつのパッチを持ちます)。編集するパッチを選択するとウインドウにそのプロパティが表示されるでしょう。
  • Speed(SPD) - Speedホイールはスクラッチ・フレーズのスピードを決めます。二つのモードをサポートしています(下記のT-Aスイッチで選択します)。Tempo Basedモードでは、Speedホイールはフレーズの長さをステップの倍数(端数も可能)で定義しますが、Absoluteモードでは元々の波形のスピードのパーセントでスピードを設定します(つまり、100%スピードで直線のパススプラインだと通常のスピードで波形を再生します)。
  • T-Aスイッチ - このスイッチはフレーズスピードがTempo Based(ステップ)かAbsolute(元々の波形スピードのパーセント)値のどちらなのかを決定します。
  • Attack(ATT) - このホイールで現在のパッチのアタック・タイム(フェードイン)を設定できます。
  • Release(REL) - このホイールで現在のパッチのリリース・タイム(キー・リリース後のフェードアウト/ノート・エンド)を設定できます。
  • キーボードビューのスクロールキー(3) - このキーでプレビュー・キーボードを左右に1オクターブ毎スクロールさせることができ、FL Studioジェネレータで利用可能なピアノレンジ全てにアクセスできます。

プレビュー・キーボード

プレビュー・キーボードは編集するパッチのプレビューと選択ができます(プレビュー/選択するにはキーをクリックするだけです)。
キーが見えないときは、キーボードビューのスクロールキー(3)を使って表示をスクロールさせてアクセスします。
  • プレビューキーボードを右クリックするとオプションのメニューが表示さます。

Copy/Paste - 選択したプリセットをコピー/ペーストします。

Normalize 100%/Normalize 50% - 波形パスをサンプルのそれぞれ100%/50%に設定します。

Presets - Wave Travellerプリセットのポップアップメニューを開きます(ほとんどは名前でそれ自体の説明になっています)。

Save Presets - 現在選択されているプリセットを保存します。


パス設定パネル

パス設定パネルでは実際のフレーズ"パス"をStartとEndで選択された波形領域内で定義します。また、ボリュームエンベロープとフレーズ中の特定の箇所のミュートも設定できます。

スプラインエディターの使い方

スプラインはもっと単純なスプラインタイプ(サイン、直線等)を点で接続した集合です。セグメントのタイプ、点の数と位置がユーザー定義可能です。
  • 新たな点を加えるには、パネルエリアで左クリックします。
  • 点を削除するには、右クリックしてメニューからDeleteを選択します。
  • セグメントのタイプを変更するにはそのセグメントの左側の点を右クリック使用してスプラインタイプを選択します。ハーフコサイン、線形、ベジェ、テンション、クオーターサイン、クオーターコサインが使用できます。

スプライン・セグメント・タイプ

以下のスプライン・タイプが使用できます。
スプライン名 スプライン・プレビュー 説明
ハーフコサイン コサイン関数の位相の1/2になります
線形 2点を直線で接続します
ベジェ クラシックなベジェ・スプラインで二つのハンドルでスプラインの開始と終了の傾きを調整できます。このスプライン・タイプには追加の設定 - Locked(ベジェ・セグメントの点を右クリックしてLockedをチェックまたはアンチェック)があります。LockedをONにすると、二つのハンドルはベジェ・セグメントの左右のセグメントのハンドルと直線になるように固定され、セグメント間の移動をスムーズにします。
テンション 特別な'テンション'に基づくスプラインセグメントでハンドル(スプラインの中央にある円)の位置に依存します
クオーターサイン サイン関数の位相の1/4になります
クオーターコサイン コサイン関数の位相の1/4になります

ボリューム・エンベロープの設定

各パッチは実際は二つのパスをもちます。デフォルトで表示されている"トラベル"パスと、ボリューム・エンベロープ・パスで、これはパネルの右下にあるWAVE/VOLスイッチ使うと表示、編集できます。ボリューム・エンベロープは同じスプライン・セグメントを使って定義でき、最も下の位置が0%ボリュームで最も上が100%ボリュームになります。

パッチのミュート領域

現在のパッチ内でミュートさせる特定の領域を選択できます。ミュート設定エリア(5)で左クリックしてドラッグします。黒い範囲が作られミュートされます。アンミュートするには代わりに右クリックしてドラッグします。

Notes&Tips

  • 移動する手(現実のスクラッチングで)の動きはハーフコサイン・スプラインが最も近いです。
  • ベジェ・スプラインは2点が定義する範囲(横方向)の外側にでてしまうカーブを作成することができます。時間はフレーズに対して常に線形で進んでいますので、スプラインのそのような箇所は無視されます。


プラグイン・クレジット: Robert Conde

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|