TS404


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TS404はユニークなベース・ライン・シンセサイザーでTB-303のようなクラシックなシンセサイザーのサウンドに似ていますが、またTS404特有の数多くの特徴的なサウンドを生成できます。TS404は2つのオシレータと、Cutoff and Resonance FilterEnvelopeLFOとディストーション・ユニットを備えています。

オシレータ・セクション(OSC1&OSC2)

このセクションにはオシレータ・ジェネレーションのオプションがあります。オシレータは特有の繰り返しパターンの波形で、それをフィルターしてTS404のサウンドを作ります。TS404のオシレータはSamplerの波形サンプルと同じ機能を持ちます。
TS404は2つのオシレータ(OSC1とOSC2)があります。それぞれは次の波形からひとつを選択できます。のこぎり波、丸めた矩形波、サイン波、矩形波、カスタム。波形ボタンは各オシレータパネルの上の方にあります。カスタムでは短いwaveファイルをオシレータの形状として使用できます。FS Studioにはいくつかのサンプル形状が入っており、ブラウザーの"TS404 Shapes"に置かれています。Sampler Channels Settingのサンプルバンクフィールドで使用するカスタムシェイプを変更できます。
  • 粗いピッチチューン(CRS) - オシレータのピッチを2オクターブの範囲で設定できます。
  • 細かいピッチチューン(FINE) - オシレータのピッチを細かく調整できます。
  • パルス幅(PW) - パルス幅はオシレータ形状がその位相が終了するまえにリスタートさせます。
  • 周波数変調(FM) - 一番目のオシレータの出力に基づいて二番目のオシレータに周波数変調を適用します。

オシレータ・ミキサー・セクション(OSC1+2)

  • ミックス(MIX) - OSC1とOSC2の出力がどのようにミックスされるかを決めます。ノブを左に回すほどオシレータ1が聞こえ、右に回すほどオシレータ2が聞こえます。
  • リング・モジュレーション(RM) - このノブを上げるとオシレータ出力のリング・モジュレーションしたものが多くなります。
  • 同期(SYNC) - このオプションをONにするとオシレータの位相を同期させます。

エンベロープ

TS404のフィルターとボリュームにEnvelopeを適用します。エンベロープはスタンダードなADSRエンベロープとして動作しますが、いくつか追加プロパティがあります(サスティン・ホールドとGate)。
  • アタック(ATT) - エンベロープのアタックを設定します。
  • ディケイ(DEC) - エンベロープのディケイを設定します。
  • サスティン・ホールド(SUS) - このノブでリリース前にサスティン状態を維持する区間を設定します。
  • サスティン・レベル(SL) - エンベロープのサスティンを設定します。
  • リリース(REL) - エンベロープのリリースを設定します。

フィルター

Cutoff and Resonance FilterをTS404のサウンドに適用します。いくつかのCutoff and Resonance Filterのタイプのなかから適用するものを選択できます。フィルター・モードのボタンはフィルターパネルの上方に配置してあります。
  • カットオフ(CUT) - フィルターのカットオフを設定します。
  • レゾナンス(RES) - フィルターのレゾナンスを設定します。
  • エンベロープフォロワー (ENV) - どの程度レゾナンスにエンベロープが適用されるかを設定します。

LFOセクション

LFOは次のプロパティのうちひとつを変調できます。オシレータのボリューム(VOL)、レゾナンス(RES)、カットオフ(CUT)、一番目のオシレータのパルス幅(PW)。LFOパネルの右上に配置されているボタンでどれを変調するか選択できます。またLFOの形状(サイン、矩形、三角)も選択できます。このボタンはLFOパネルの左上に配置しています。
  • Amount(AMT) - 変調が適用される量を決めます。
  • Speed(SPD) - LFOの周波数(つまりスピード)を設定します。

ディストーション・ユニット

TS404のサウンドに加えられるディストーションのコントロールがあります。2つのディストーション・モードから選択できます(ディストーション・パネルの上方に置かれているA&Bボタン)。
  • Amount(AMT) - ディストーションの量を設定します。
  • Threshold(THR) - 歪ませる周波数帯を選択します。ノブを右に回すほど、周波数帯は広くなります。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル