Fruity Keyboard Controller


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fruity Keyboard Controllerはオートメーション・コントロールでありそれ自身は音を出しません。このプラグインはFL Studioのノブやスライドをコントロールすることができます。ピアノロールかステップ・シーケンサーからKeyboard Controllerに入力されたノート・ピッチとベロシティーを、FL Studioやサード・パーティのプラグインのオートメーション可能なパラメータに割り当てます。
例えば、このプラグインを使えばすぐにパターン・コントロール・フィルタリング(Pattern Controlled Filtering;PCF)を実現することができたり、正確なセミトーン-セミトーンのスライドのような機能をネイティブに備えていないプラグイン(VSTiとDXiプラグイン)でも実現することができます。
Keyboard Controllerは次のインターナル・コントローラをエクスポートします。
  • Kb Ctrl - Note - このコントローラの値はCurrent Keyパラメータ(下記参照)によって各キーに割り当てられた値によります。
  • Kb Ctrl - Velocity - このコントローラの値はトリガーされたノートのベロシティーによります。

パラメータ

コントロールのマッピング

  • Mapping Drop-Down Menu - 矢印のアイコンをクリックしてオートメーション・マッピング・メニューにアクセスします。コントローラ値を0(最小)から1(最大)までを現在選択されている領域(下記Keyboard View参照)の全体に渡り割り当てます。白鍵のみか、白鍵と黒鍵の両方を使うか選択できます。
  • Current Note Display - LCDはKeyboard View(下記参照)で現在選択されているノートを表示します。
  • Value for the Current Key - LCDの隣にあるこのホイールは現在のノートのKb Ctrl-Noteコントローラの値を設定します。このパラメータはノート・ベロシティーを利用するKb Ctrl-Velocityコントローラには影響しません。
  • Release Switch - このオプションをONにするとキー・リリース時に異なる値をNoteコントローラに設定します。
  • Release Value - Release Switchの隣のホイールはキー・リリース(Release SwitchがONのときのみ)の後のコントロール値を設定します。この値は全キーで共通です。
  • Smoothing(Envelope Speed) - コントローラのアタック(フェードイン)とリリース(フェードアウト)時間を設定します。このプロパティを大きくするとコントローラが異なる値の間の遷移がスムーズになります。

Keyboard View

キーボード・ビューはチャンネル・セッティング・ページにあるプレビュー・キーボードに非常に似ています。
これは現在のキーを表示するためとオートマッピングの範囲を設定するために使われます。
  • Current Key - キーボード・ビューの上にあるルーラー内のオレンジの四角が現在編集しているキーを示しています。いずれかのキーを左クリックするとそのキーが現在のキーに設定されます。
  • Key Region - キー・リージョンはオートマッピングに使われるエリアを規定します。リージョンの最初のノートは最小値(0)に設定され、最後のノートは最大値(1)が設定されます。リージョン内の残りのキーはこの二つの値の間になります。エンド・ポイントをドラッグするとリージョンの範囲を設定できます。

Notes & Tips

  • Keyboard ControllerをFL Studioネイティブのシンセのピッチ・ベンド・コントローラに正しく割り当てるには8オクターブ+1セミトーンの範囲が必要になります。この正しいマッピングはKeyboard Controllerのプリセット:To pitch bend(transposing)のように示されます。
  • 異なる範囲(標準的なVSTiシンセでは+-12セミトーンの範囲)に割り当てるときはオートマップに白鍵だけでなく、黒鍵と白鍵の両方が必要であることを忘れないでください。


プラグイン・クレジット: Didier Dambrin
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル