Fruity Envelope Controller


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Envelope Controllerを使うとFL Studio内のパラメータにリンクさせたエンベロープをトリガーできます。

コントロール

アーティキュレータ1~4

Envelope Controllerは4つのエンベロープをもっておりそれらをピアノ・ロール/MIDIキーボートの異なる場所に割り当てることができます。
1.1~4のアーティキュレータを選択します。
2.ミニ・キーボードを左クリックしてドラッグします。4つのアーティキュレータそれぞれにユニークな範囲が選択できます。
3.レベル(LVL)、エンベロープ(ENV)、LFOスライダー - これらは該当する機能からの相対出力をコントロールします。

モード

アーティキュレータ4のボタンの直ぐ下にある'MODE'グラフ/スイッチをクリックするとモードが変わります
  • バイポーラ - ENV,LFO,KEY,VELエンベロープの値は足し合わされます。
  • ユニポーラ - ENV,LFO,KEY,VELエンベロープの値は掛け合わされます。

エンベロープ・エディタ

エンベロープ・エディターはSytrusFPCなどのFL Studioプラグインで使われているものと同じです。

Enable/Disable スイッチ

エンベロープ/マッピングを使うには、エディタの左下にある(上のスクリーンショット参照)このLEDをONにして有効にする必要があります。

Load/Restore & Copy/Paste

Load/Resotoreボタンの場所は上のスクリーンショットでチェックしてください。
  • Open state file/Save state file - エンベロープのステートを開く、または保存します。多くのプリデファインのステートファイルが利用できます。
  • Copy state/Paste state - エンベロープのコピーとペーストは通常オペレータ間で使われます。
  • Flip vertically - 現在のエンベロープを反転させます。
  • Analyze audio file - この機能は入力サウンドファイルのボリューム・エンベロープをエミュレートします。このオプションをクリックするとファイル・ブラウザのダイアログを開きます。

Common Settings

  • Freeze - このスイッチを有効にするとエンベロープ・カーブを現在の設定に固定します。この機能はエンベロープのスプライン構成の変更を終えた後に意図しない編集から保護するために便利です(またハンドルを非表示にするので形状が見やすくなります)。
  • Step - このオプションを有効にするとエディタは捨てステップ編集モードになります。 - エディタ内でドラッグするとタイムラインのステップ毎に新たなコントロールポイントを定義し"フリーハンド"カーブをつくります。SHIFTキーを押したままドラッグすると"パルス"ラインを描きます(縦横に真っ直ぐな線のみ)。この方法で作られる新たなセグメントはセグメントが足されていく間、そのテンションには最後に編集したテンションが使われることに注意してください。
  • Snap - コントロールポイントのドラッグ中にタイムラインの直近のステップにスナップさせたいときはこのオプションを有効にします。
  • Slide - このオプションを有効にするとドラッグしているコントロールポイントとそれに続く全てのコントロールポイントの相対距離を保持します(このオプションはデフォルトで有効になっています)。

Curve Editing

エンベロープ/マッピング形状を編集するために行ういくつかの基本操作があります。
  • 新たなコントロールポイントの追加 - ポイント追加のカーソルが現れるところまでカーソルを置きます。右クリックすると新たなポイントが追加されます。
  • コントロールポイントの再配置 - 左ボタンでコントロールポイントをドラッグできます。SHIFTを押したままドラッグすると縦の位置が、CTRLだと横の位置が固定されます。
  • コントロールポイントの削除 - コントロールポイントを右クリックしてDeleteを選択します。もしくはALTを押したまま左クリックします。
  • セグメント・タイプの変更 - エンベロープ・エディタではスプラインセグメントを3つのタイプから選択できます。コントロールポイントを右クリックすると3つのスプラインタイプのオプションが表示されます(影響を受けるセグメントをコントロールポイントの前(左側)です)。Single Curve - デフォルトのモードで、リニアからイースイン、イースアウトのカーブ(テンションによる)を作ることができます。Double Curve - リニアからイースインアウト、イースアウトインのカーブ(テンションによる)を作ることができます。Hold - 急激な値の変化のあるエンベロープを作るのに便利な"ホールド"または"パルス"カーブを作ります。(訳注:階段状のカーブを作るStairsとSmooth stairsが追加され5種類になっています。)
  • セグメントのテンション(アクセラレーション)の変更 - 各スプラインのテンション・ハンドル(上のスクリーンショット参照)を上下にドラッグするとスプラインの見た目が変わります。ハンドルを右クリックすると直線にリセットします。細かく調整するときはCTRLを押したままにします。

エンベロープ・セクション(ADSR)

エンベロープ/マッピングはクラシックなADSR(アタック、ディケイ、サスティン、リリース)エンベロープの機能を提供するためのセクションに分割されます。
エンベロープは特別なセクション・マーカー(上のスクリーンショット参照)をセクションの終わりと次のセクションの開始を示すために用いています。次のマーカーが利用可能です。
  • S(サスティン) - ディケイ・セクションの終わりとリリース・セクションの開始を示します。
  • L(ループ) - サスティン・ループの開始を示し、ボイスが持続している間繰り返されるエンベロープ・セクションを規定できます。
  • D(ディケイ) - ディケイ・セクションの開始を示します。
  • DL(ディケイ/ループ) - DとLマーカーの機能を合わせたものです。
提供されるマーカーの全てまたはいずれかを使わなければならないわけではありません。マーカーがないときはエンベロープは各ボイスの開始から終わりまで'静的'(static)な定義によって一度再生されます。また必要に応じていくつかを組み合わせることもできます。

マーカーの追加の仕方
セクションマーカーを設定したいコントロールポイントを右クリックします。メニューから追加したいマーカーを選択します。もし追加したいマーカーが無効になっていたらマーカーを正しい位置に挿入するようにしてください(例えばサスティン・ループの開始はサスティン・ループの終わりより後には置けません)。
DLマーカーを作るには右クリックメニューのDecayとSustainLoopStartの両方にチェックを入れます。

マーカーの削除の仕方
マーカーが置かれているコントロールポイントを右クリックしてマーカー名が示している項目のチェックを外します。
あるマーカーを削除すると別のマーカーの意味がなくなることがありますので、それらも自動的に削除されますので注意してください(サスティン・ループ終わりのマーカーを削除するとサスティン・ループ開始のマーカーは意味がなくなります)

Envelope/Mapping Types

ADSR Envelope (ENV)

編集するにはENVと記されたLEDを左クリックします
これはクラシックなADSRエンベロープにサスティン・ループを加え、必要に応じて様々なエンベロープ・セクションをリファインする無制限なスプラインセグメントの能力を加えたものです。
編集可能なエンベロープカーブのほか、通常のエンベロープ・レベル・コントロールも提供するので、カーブをロックしてもなおエンベロープの基本的な特性を調整できます。
全ての値はエディタで定義されたカーブへ相対的に適用されます。
  • Attack(ATT) - アタックの長さ/スピードを決めます。
  • Decay(DEC) - ディケイ・セクションの長さ/スピードを決めます。
  • Sustain(SUS) - サスティン・セクションのスロープ(ディケイ量)を決めます。
  • Release(REL) - リリースの長さ/スピードを決めます。
  • Tempo - このスイッチはエンベロープの長さがプロジェクトのテンポに(テンポの変化に)相対的であるか絶対的であるかを決めます。
Note:これらのプロパティのひとつを調整するとエンベロープ形状にノブの値による効果のプレビューが表示されます。しかしマウスボタンを離すとエンベロープはプレビュー表示の前の状態に戻されます。ノブの効果は持続していますが、歪みを避け編集をやり易くするためにカーブには反映されません。
利用可能なエンベロープセクション(アタック、ディケイ、サスティン、サスティン・ループ、リリース)の情報とセクション・マーカーの設定の仕方については上のEnvelope Sections(ADSR)パラグラフを参照してください。

LFO - Low Frequency Oscillator Switch

編集するにはLFOと記されたLEDを左クリックします。
このユニットではコントロールされるプロパティをLFOによって変化させることができます。またLFOは時間でその強さを定義する完全なエンベロープを持っています。
エンベロープの後ろに表示される青いカーブはエンベロープ形状、スピードと設定が適用されたLFOの動作のプレビューです。
次のコントロールが利用できます。
  • Speed(SPD) - LFOスピードを決めます。
  • Tenstion(TENS) - LFOカーブのテンションを決めます。基本的にこのパラメータはLFO形状を三角からサインのような形状からパルスのような(四角)形状に変化させます。
  • Skew(SK) - シェイプ"スキュー"として表示されるLFOの奇/偶スプライン間のバランスを決めます。
  • Pulse Width(PW) - パルス幅を設定します。基本的にLFOシェイプの前半と後半のバランスです。
  • Tempo - このスイッチはエンベロープ/LFOのスピードがプロジェクトのテンポに(テンポの変化に)相対的であるか絶対的であるかを決めます。
  • Global - 通常LFOエンベロープは各ボイスの開始からスタート("ローカル"LFO)します。このオプションを有効にするとエンベロープは"グローバル"になり曲中を通して再スタートされることなくサスティン・ステートに留まります。

  • Keyboard Mapping(KEY)
編集するにはKEYと記されたLEDを左クリックします。
キーボード・マッピングには乗算の機能があり、受信したMIDIノートにしたがって、ウインドウに描かれた関数によりエンベロープの応答が変更(乗算)されます。低いノートは左に高いノートは右に相当します。グラフの縦の白い線はプラグインが最後に受信したMIDIキーボードのキーを示しています。

  • Velocity Mapping(VEL)
編集するにはVELと記されたLEDを左クリックします。
  • マッピングは乗算の機能があり
ベロシティ・マッピングには乗算の機能があり、受信したノートのベロシティにしたがって、ウインドウに描かれた関数によりエンベロープの応答が変更(乗算)されます。低いベロシティは左に高いベロシティは右に相当します。グラフの縦の白い線はプラグインが最後に受信したベロシティを示しています。


プラグイン・クレジット: Didier Dambrin, Frederic Vanmol
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|