PoiZone

暫定ページ

XXLに含まれない完全別売りのPluginは以下のものがあります。
完全別売りのPluginは定期的にノイズ音が入ります。

Deckadance(DJミックス用アプリ) 
Wasp、Poizone、Toxic III、Morphine(この4つはソフトシンセ) 

概要

PoiZoneはサブトラクティブ・ソフトウェア・シンセサイザーで、クリエイティビティを妨げる学習曲線なしに、プロフェッショナルな品質が得られるように設計されています。PoiZoneにひそんでいるコンセプトは、柔軟性と機能を犠牲にすることなく最小のコントロールの数から、素晴らしいサウンドを得るシンセサイザーを設計するというものです。必須でないコントロールは無慈悲にも排除し、残れたものはユーザ・インターフェースの全ノブに挙げられています。
一度いくらかの時間をとってプリセット・パッチを視聴してみれば、PoiZoneが多くのパンチ('punch')をそのシンプルなパッケージに詰め込んでいることを認めてもらえると確信しています。enjoy!

特徴

PoiZoneは以下の特徴的な機能を持っています。

ボイシング

  • サブトラクティブ・シンセシス用に2つのメイン・オシレータ:のこぎり波と調整可能なパルス形状
  • ノイズ・オシレータ1つ
  • 可変ポリフォニー(1から32ボイス)

モジュレーション

  • シンク・モジュレーション
  • リング・モジュレーション
  • パルス幅モジュレーション
  • 2つのADSRエンベロープ・ジェネレータ(1つはモジュレーション・パラメータにユーザが割り当て可能)
  • 3つのフィルター・モード - ローパス、バンドパス、ハイパス。PoiZoneはウォームで自己発振するアナログ・モデルされたフィルターを備えています。PoiZoneのフィルターは高周波を透過的に通しブライトでクリーンなサウンドや、'エキサイティング'なサウンドにするためにレゾナンスを追加(念入りに作成されたディストーションを含む)し'グリッティー(gritty)でグランジー(grungy)'なサウンドにすることができます。KEYTRKによるフィルターのチューニングが正確になるように特に注意がはらわれているので、PoiZoneのフィルターはキーボードの周波数を正確に追従でき、フィルター自体をオシレータとして使用することができます。

エフェクト

  • ディレイ・エフェクト、テンポ同期でクリックのないステレオ・ディレイとディレイ・タイム・モジュレーションを備えています。ローカットとハイカットはトランサーのために!
  • コーラスは卓越したユニゾン・エミュレーションとともにファットでウォームなサウンドを提供します。
  • 4ボイスのユニゾン、ユーザ調整可能なステレオ・パニングと'オクターバー'。オクターバーはハーモニック・レンジとユニゾン・サウンドの柔軟性を拡張させます。加えてリアルな'vox-like'エフェクトの生成をサポートします。

パフォーマンス

  • インダストリー・プロフェッショナルにより作られた256のパッチ
  • マルチモード・アルペジエイター
  • 調整可能な16ステップ・パターンによるノイズ・ゲート。このゲートはスムースネスのコントロールとパターンの.fxpファイルへのインポート/エクスポートを備えています。
  • MIDI設定のパッチへ/からの保存/読み出しを備えたMIDI learn。
  • LFOとMODホイールによるモジュレーション。PoiZone内の幅広い範囲のパフォーマンス・パラメータに割り当てが可能。

いたるところの母親たちはきっとこう言うでしょう "なんなのあの騒音は!"


プラグイン・クレジット

PoiZone was created by Maxx Claster exclusivery for Image Line Software BVBA

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル