Fruity Multiband Compressor

Fruity Multiband Compressorは3バンドのステレオ・コンプレッサーで、バターワースIIRフィルターとリニア・フェイズFIRフィルターを使い入力信号を3バンドに分割し処理します。また、リミッターの機能も備えています。
コンプレッションとは自動的に出力ボリュームをスケーリングさせ、静かなパートは音量が大きくなるように、音量が大きなパートはクリップしないようにする処理です。これはボリュームのノブを自動的に調整するようなもので、ボリューム・レベルを設定した最小/最大の範囲内に保ちます。コンプレッションは現代の音楽にとって最も重要なエフェクトのひとつです。キック・ドラムに'thump'を加えベースを'fat'にするために使われます。重要なことは、これはミックス・サウンドを元々のものよりも大きくできることです。特に、マルチバンド・コンプレッションはトラック全体の周波数スペクトラムの異なる部分に対して加えるコンプレッションの量とタイプを変えられるので、マスタリングに非常に便利なツールです。
Fruity Multiband Compressorのコントロールはユーザにより選択された最大3つの周波数範囲で入力と出力ボリューム間の関係性に影響を及ぼします。このプラグりんはピーク・リミッティングが備えられた可変ニーのコンプレッサーです。
使い時:Fruity Multiband Compressorをマスタリングの際に最終ミックスのマスター・ミキサー・トラックで使います。例えばKickやBassなど個別にコンプレッションが必要なときは、Fruity Compressorのほうが設定が簡単なのでお勧めします。

パラメータ

Multiband Compressorの機能をプラグインの左側から右側の順序で説明します。

インプット&フィルタリング

  • IN/OUT(ピーク・メータ) - ピーク・メータの下に配置されている、このスイッチ()で入力か出力信号の強さを表示します。ピーク・メータの上にマウス・ポインターをもっていきヒント・バーを見ると正確な値が分かります。
  • IIR/FIR(フィルター・タイプ) - IIR(バターワースIIR,24dB/oct)またはFIR(リニア・フェイズ)フィルターを選択します。FIRをマスタリング用途には推奨します。
  • LIMITER - ONを選択するとMultiband Compressorの出力は0dBを超えません。
  • SPEED - ピーク/フィルター・カットオフ表示のスクロールの速さをコントロールします。スライダーが0に設定(最も左)されるとピーク表示はOFFにされ、フィルター・カットオフのグラフだけが表示されます。
  • フィルター・カットオフ - スピード・スライダーの下にあるノブでフィルター・カットオフを選択します。左から右の順番で、ローパス上限リミット、ミドルバンド下限リミット、ミドルバンド上限リミット、ハイパス下限のカットオフです。これらのカットオフで決められた周波数がLow、Mid、HighとしてLOWバンド、MIDバンド、HIGHバンドのコンプレッサーへ入力されます。

LOW,MID,HIGHバンド・コンプレッサー

3つのバンド(LOW,MID,HIGH)にはそれぞれ同じコントロールがあります。
  • A/M/B - LOW,MID,HIGHバンドのラベルの隣にある、このスイッチで状態を次から選択できます。アクティブ(Active):コンプレッサーが活動しています。ミュート(Muted):このバンドのサウンドはミュートされます。バイパス(Bypass):このバンドのサウンドはそのまま変わらず通り抜けます。
  • Threshold - コンプレッサーが動作するdBレベルを設定します。範囲は0.0から60.0dBです。オーディオ素材のタイプと相対的な入力レベルにしたがって調整しなければなりません。一旦スレッショルドに到達すると、コンプレッサーは、Ratio,Type,Attack,Releaseに従って、入力信号のゲインを減少させます。
  • Ratio - 1:1(左に最大)から∞:1(右に最大)までの範囲です。信号がスレッショルド・レベルに到達したときに適用されるコンプレッションの量(ゲインの減少量)をコントロールします。レシオは入力と出力レベルのdB差を示しています。つまり、スレッショルド・レベルより上の信号がどの程度コンプレスされるかということです。例えば、レシオ4:1は入力レベルが4dB増したときに、スレッショルド・レベルより上の出力レベルは1dB増えるということになります。
  • KNEE - 左0%=ソフト、右100%=ハードです。アタックはコンプレッサーがどのくらい速く動作するかをコントロールするのに大して、ニー特性はコンプレッションの全量が適用される速さをコントロールします。ソフトとは入力ボリュームが増すにつれてコンプレッションなしからフル・コンプレッションまでなだらかに増していくのに対して、ハードは一旦規定の入力レベルを超えるとコンプレッションなしからフル・コンプレッションまですぐに遷移します。
  • Attack - 0.1から100ミリ秒の範囲で、スレッショルド・レベルを超えたときにフル・コンプレッションに到達するまでにかかる時間を設定します。速いアタックはすぐにコンプレッションされることになりますが、遅いアタックはコンプレッションが徐々にましていくので、速い設定よりも信号の変化が許されています。アタックは使用するオーディオ素材に合わせて調整しなければなりません。
  • Release - 10から1000ミリ秒の範囲で、レベルがスレッショルドより落ちたときにコンプレッションが停止するのにかかる時間をコントロールします。短いリリース・タイムはコンプレッションをより柔軟にし入力信号に適合できるようになりますが、ゲインの速い変化は不快なサウンドの原因になることがあります。長いリリース・タイムは歪みのすくない信号を生成しますが、信号レベルの小さな変化が無視されるのでコンプレッション全体を最大化することが難しくなります。
  • Gain - -∞dBから17dBの範囲で、コンプレスされた出力信号へ足される、または引かれるゲインの量をコントロールします。ゲインはコンプレッション後の信号振幅を正規化するように調整するか、もしくはリミッティングの量を調整します。このパラメータはアクティブ・モードとバイパス・モードのときに効果をもちます。
  • IN/OUT(ピーク・メータ) - ピーク・メータの下に配置されている、このスイッチ()で入力か出力信号の強さを表示します。ピーク・メータの上にマウス・ポインターをもっていきヒント・バーを見ると正確な値が分かります。
  • C(コンプレッション・メータ) - ゲインの減少量を表示します。ピーク・メータの上にマウス・ポインターをもっていきヒント・バーを見ると正確な値が分かります。


プラグイン・クレジット
コード: slim slow slider
インターフェース・デザイン: Didier Dambrin

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル