EQUO


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

EQUOはアドバンスド・モーフィング・グラフィック・イコライザー・プラグインです。EQUOは特にライブやパフォーマンス中の自動調整に向いています。メイン・ディスプレイはEQ(VOL)とEQ(PAN)コントロールの両方を含んでいますのでサウンドは周波数の内容を形作られるだけでなく特定の周波数にパニングも適用できます。さらに、ひとつのマスターEQシェイプと8個別々のEQ/PANシェイプが設定でき、これらのEQシェイプはMorphノブを使ってスムーズに変形できます。EQUOの代わりになるものとしてFruity Parametric EQ 2があります。

パラメータ

モーフ・セクション

  • Shift(Band Shift) - このノブを右に回すと現在のEQシェイプが高周波数へ移動し、左に回すと低周波数へシフトします。このパラメータにオートメーションを試してみてください。
  • Mix(Band Mix) - デフォルトでは選択されているEQシェイプの100%が適用されています(ノブが右に最大)。このノブを左に最大まで動かすと現在のシェイプを-100%(反転)適用します。12時の位置は0%のEQを適用します。
  • Morph(Between Banks) - バンク1(ノブを左に最大)から8(ノブを右に最大)をモーフ(ブレンド)します。この機能が効果をもつためには各バンクに異なるEQカーブを設定していなければなりません。
  • Smooth(Motion Smoothness) - EQUOの設定変更がどのくらい速く起こるのかを設定します。これはノブの慣性の効果のようなものです。
  • VOL - メイン出力ボリュームです。

セットアップ・セクション

ルーティングとオーディオ・クオリティを設定するコントロールがあります。
  • Send only|Send - EQUOのおかれているミキサーチャンネルへの直接の出力をミュートさせます。LEDディスプレイ・ウィンドウはセンド・ミキサー・トラックを表示します。EQUOがマスター・ミキサー・トラックにあるときはフィードバック・ループを避けるためSendウィンドウは動作しません。
  • Add mode - 通常EQUOは入力信号をバンド・スライスし、エフェクトをかけオーディオを再結合して出力とします。バンド・スライスと再結合の処理は、EQが適用されていない(EQバンドがフラット)としても入力信号に若干の変化をもたらします。Add modeはこの若干の変化を避けるため(通常のように)入力をEQUOのサウンドに置き換えるのではなく、元々の入力にEQUOのサウンドを組み合わせ(足し合わせ)ます。しかし、Add modeではEQバンドを最小に設定するとオリジナルの信号が通り抜けることになります。
  • Oversample - オーディオ品質を高めるため2倍オーバーサンプリングを有効にします。
  • BW(バンド幅) - EQUOのバンドのバンド幅を変えます。単に最も心地よい音になるよう調整します。

メイン・ディスプレイ

EQやPAN設定方法を変更する数個のコントロールがメイン・スクリーンから利用できます。
  • Option Menu - 3つのオプションがあります。Random Curve 驚くことになんとランダムなEQ,PANカーブを生成します。:) Flat 現在のEQカーブをデフォルト状態にリセットします。 Interpolate 1 to 8 EQUOはバンク1と8に設定されているEQ,PANカーブから中間値のステップを補完してバンク2から7を生成します。
  • Drawing modes - 該当のアイコンをクリックすることで3種類のドローイング・モードが利用可能です。Pencil modeは精密に個別のEQやPANのバンドを動かせます。Line modeは左クリックしてマウスをドラッグすると直線を作成します。Curve modeは左クリックしてマウスをドラッグするとスムーズなカーブを作成します。
  • Analyze - Analyzeボタンが押されていると、EQUOは入力信号の周波数スペクトラムを平均し(ボタンが押されている期間中)、離したときにその信号に敵対するEQカーブを作成します。アナライズされたカーブは敵対する(カット)は補完する(ブースト)までMIXノブで変化させられます。NOTE:40HZから下はミックスを'muddy'にするためアナライズ機能には含まれませんので、サブベースのEQが必要なら手動で設定します。
  • EQ/PAN On/Off/Locked - EQバンドの上にある明るい青の四角をクリックすると、次の順番で切り替わります。1-バンドOFF、2-バンド固定、3-バンド有効(デフォルト)
  • バンドの調整 - ディスプレイ・エリアをクリックするとマウスポインターの下のバンドがアクティブになります。必要に応じてバンドを上下に動かします。これらのバンドはグラフィック・イコライザーのスライダーと考えれば基本インターフェースが良く理解できます。下の画像はEQUOをカーブ・モードでマウスの上方向への動きをとらえたものを示しています。個別のバンドを動かすにはEQUOをペンシル・モードに設定します。
  • Bank M,1 to 8 - マスター・バンクまたはバンク1から8を個別に選択します。マスター・バンクはプラグインの最終出力に適用されバンク間のモーフィングには使用されません。
  • VOL/PAN/SEND - メインEQエリアでの操作が影響する先をきめます。VOL(ボリューム) - 通常のEQボリュームで周波数の関数です。PAN - 選択された周波数のステレオ・パニングです。Send - 選択された周波数のセンド・レベルです。


プラグイン・クレジット: Didier Dambrin
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル