ファルケ強行接近型


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

機体名 M9-D-Pu01 ファルケ強行接近型
全高 8.4m
基本重量 9.5t
最高自走速度 280km/h
最大跳躍高 45m
最大作戦行動時間 150時間
動力源 パラジウム・リアクター(常温核融合炉)/ロス&ハンブルトン APR2500a
固定武装 AM11 12.7mmチェーンガン×2、XM18ワイヤーガン×2
基本携帯火器 エリコン・コントラヴィス GEC-B40mmライフル、ボフォースASG96-b57mm滑腔砲、ヒューズ VGM-A2(M)“ヴァーサイルⅡ”多目的ミサイル、レイセオン/ジェネラルエレクトリックK1“ジャベリン”超高速ミサイル、ロイヤルオードナンス M10対戦車ダガー、ジオトロン・エレクトロニクス GRAM-2単分子カッター×2

製作過程

本編『つづくオンマイオウン』直前にプランが提唱されたミスリルの機体強化プランの一つ。
マオの機体の改造プラン提唱の際に、接近戦に特化したファルケの製造をクルーゾーが提案した。
単分子カッターを二本に増やした他、肘装備瞬間型ダガー、危険感知特化AI“冷静な瞳”、接近型小型バルカン、電撃発射改良型チェーンガンなどに特化した形となっている。
こちらも本編上お蔵入りとなってしまったが、建造に最も負担が少ないため、機材が揃えばいつでも開始できるプランになっている。
また、翼を装備する案もあったが、こちらは技術的に根本から断念されている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。